2018年2月21日 (水)

「さくら貝の歌」 「あざみの歌」

さくら貝の歌.WAV
1尺7寸で、

あざみの歌.WAV
1尺8寸で、
竹友K氏採取の譜を元に、二か所わたしなりに触っている、

今までに尺八譜へ採取してきた叙情歌(唄)の洗整理が終わりました、
 わが国・日本の演歌群
 ゲェ~国産の叙情歌(唄)群
 その他群

その他群ですが、イロイロあって、分類が難しい、
 明暗流の尺八古典本曲
 わが国の民謡(ほぼすべてが竹友K氏な採取したもの)
 チンドン屋さんが好んで吹く曲群
 子守歌群

ゲェ~国産の曲群は、通常の叙情歌(唄)とは別に
 クラシック曲
 ジャズ・ビートルズ曲は別に

総数何曲になるのだろう、ギョサンあるなぁ~、と、自分で呆れている、

実は、昨日から、尺八で吹くに適した曲を、おさらい気分で復習してみようとしています、
未採取の叙情歌(唄)採取はナンボやってもキリがない、コレはしばらく休憩しようかと思う、

| | コメント (0)
|

久しぶりに魚釣りに出た気分、

午前5時、室外4度、室内13度、愛犬春子と外へ出てみたが寒くなかった、
今年は歳のことも考えて沖へ魚釣りに出るのを、できるだけ自重していましてね、この厳寒期は我慢我慢、もうしばらくの辛抱だ、

さてさて…
五輪選手の活躍、凄いですね、すばらしい!!!
メダルに届いたお方、届かなかったお方…
どちらにしても日本を代表する選手たちだ、胸を張って帰国なさったらエエ、
五輪を境に引退なさるお方も出るのでしょうなぁ~、
キラキラ光ったお方バッカシだ、向後、どこで光を放たれるのだろう…

夏と冬との違いはあるが東京五輪が気になる、
小池都知事の動きはどうなっとるのだろう、知事は平昌へお出かけでなかったのかな、報道されなかっただけかな…
森喜朗氏は安倍総理の開会式出席を批判なさっとったようだが、ご自身はお出かけになったのだろうか???
ワッカランなぁ~~~
北朝鮮と韓国は東京五輪でもまたあのパホーマンスを…、
東京湾に万景峰号が美女楽団乗せて入ってきたりして…
想定内にしといた方がエエですよね、

昨日は厄神さんに詣でてきた、記帳をし、お札をいただいてきた、
神社やお寺には必ず石段がある、
わたしは大丈夫、が、かみさんが病み上がり中で難儀だった、が、自力で上がった、神様がカミサンを引っ張り上げてくれた、ありがたかった、帰宅後、グッタリだったけれど…

お祭りは一昨日までだった、境内の屋台は既にかたずけられた状態だったが、“たい焼き屋台”だけがひとつ頑張っとった、1尾130円、5尾買って帰った、灯油暖房機の上に乗せて温め直して食べたが、とても美味しかった、久しぶりに魚釣りに出た気分、

今日は、夫婦そろって、歯医者へ行く予定、既に予約が取れている、
ふたりとも、抜け落ちた差し歯を元の穴ボコに差し込みなおしていただく、
食事が、歯にやさしい柔らかいモノ中心になって久しい、

| | コメント (0)
|

2018年2月20日 (火)

「城ヶ島の雨」 「津軽のふるさと」

城ヶ島の雨.WAV
かつて、列島周航の際、愛艇を城ヶ島の斜め前の波止場に舫ったことがある、あの時は雨は降っていなかった、

津軽のふるさと.WAV
出だし部分で音程狂いがあり聞き苦しいですわ、


これから、厄神さんにお参りします、

| | コメント (2)
|

間違いの中で生きているのだよなぁ~~~

約千年前の平安時代末期に『梁塵秘抄』(りょうじんひしょう)という歌謡集が編まれている、編者は後白河法皇、ちくま文庫から概略解説本が出ていて、簡単に手にして読むことが可能だ、
ここに収録されている歌で一番よく知られた歌は…

 遊びをせんとや生まれけむ
 戯(たわむ)れせんとや生まれけん
 遊ぶ子供の声聞けば
 わが身さえこそゆるがるれ

が、わたしは、いつも別の歌を思い出す、

 鵜飼はいとしや
 万劫(まんごう)年経る亀殺し 又鵜の頸(くび)を結い
 現世はかくてもありぬべし 後生わが身を如何にせん

(鵜飼の鵜の餌に亀をころして肉をとった、鵜の首には縄を結んで鮎を呑ませ吐き出させた、こんな因業なことバッカしていると、ワシャあの世では地獄かも…)
※ わたし・波平のことですよね、魚魚を釣って殺し食うのが趣味、餌虫や魚魚を殺しまくて来た人生だ…

軽四で30分ほどの位置に宗佐厄神八幡神社がある、
厄除け祭は2月18・19日で既に終わっているのだが、都合があって出かけ得なかった、今日頑張って出かけてみようかと思っている、
大祭の日は多くの車がやってきて駐車場が神社から遠い位置だ、が、今日あたりはいつもの近い位置に駐車可能かも、
わが家は、夫婦二人とも充分生きて古来稀を通り越している、あの世とこの世の間際かな、もう、これ以上、魚魚を殺しまくったりするのはいかがなものかと思ったりする、
このなかでの神頼みの厄除け祈願ということになる、
欲張りが過ぎるような気がしないでもないが、この因業な長生きの失礼を、神様の前に伏しお許しを請いたい、もうしばらく好き勝手させてくださいなって甘えたい、

あぁ、『梁塵秘抄』には、当時歌われた譜面が併記されておらん、コレ残念ですなぁ~~、
が、パソコン検索したら、「梁塵秘抄~熊野古道の幻想~」って曲が出てきた、荘厳な曲だ、無料楽譜を探すが無い、なんでもタダで得ようとするのは大きな間違いだ、
が、
わしゃ、その間違いが大好き、
間違いの中で生きているのだよなぁ~~~

| | コメント (0)
|

2018年2月19日 (月)

「宵待草」 「故郷は遠い北国」

「宵待草」
宵待草.WAV

「故郷は遠い北国」
故郷は遠い北国.WAV

収録には随分以前に購入したソニーのICD-SX900を使っています、
今までは同機で設定をMP3収録にしとった、が、今回はWAV仕立で録った、
なんとなく、この方が、原音に近いような気がします、
“下手”なのが、よりはっきりしたかもですが、自分では音の大小や彩(あや)が自分の気持ちに沿ってきたような気がする、

| | コメント (2)
|

ますます上手になれるのに…

“塩野七海の最近著書「ギリシャ人の物語」Ⅲ”を、やっと、三木市立図書館から借り出すことがデケタ(Ⅰ・Ⅱは既に読み終えている)、
借り出し申請後ひと月半になるが、なにせ無料閲覧だ、ありがたい、

若かったころは結構「本」を読んだが、最近は読書から遠ざかっていた、
読む際、鉛筆を握って読む癖があり、図書館からの借出し本は汚すわけにいかん、窮屈で読み辛く、読みたい本はホボすべて自費購入していたのだったが、退職後はコレがままならなくなり自然と読書から遠ざかった、
と、もう一つ、視力が萎えて、読み辛くなったのも影響していたのだったが、昨年、百円ショップで、108円で、メガネに外付けの老眼鏡を買ったら、コレがビックリの効果があり、新聞や本が極めて読みやすくなったのだった、
最近は、おかげで、週に数回図書館へ通うようになった、
図書館は暖房も効いている、隠居ズズイにとっては絶好の避難場所だ、
出掛けると、ついつい余計な本を手にし借り出してくる、最近は常に数冊身の回りに置いていて没頭するので、朝がすぐに昼になり、夜になる、
合間、合間に、五線譜に取り付き尺八譜へ採取、採取したら試し吹く、

あぁ、試し吹いていて、いつも不満に思うことがある、
吹いている際は、上手に吹けたような気がするが、録音したのを聴きなすと、ド素人の下手吹きになっとる、なんて下手なのだろう、と、思う、
いろいろ考えて、使用している“ICレコーダー”の性能が悪すぎるのかもと思ったりする、自分の下手を棚に上げての文句だから大きな声では言えないのだが、昔のICレコーダだ、低性能なのだと…
既に茶色くなった“取扱説明書”を出して読み返した、
MP3で収録していたが、ひょっとしたら、コレが間違っとったかも、
PCMモードでも収録が可能な機種だったことがわかった、
今日は、PCMモードで収録してみようかと思う、
急に上手になったりしたらビックリだがそれはないよなぁ~~~、が、楽しみだ、
新しい機種が欲しいなぁ~~~、
ますます上手になれるのに…
アッハッハ、そんなことあり得ない、あり得ない!!!

| | コメント (0)
|

2018年2月18日 (日)

楽譜遊びバッカだと足腰が萎える

今年の播磨灘は釣り人にとって難儀な年になりそうだ、
イカナゴ漁は昨年同様かあるいは昨年より少ないようだ、平年比10分1を下回っとるらしい、
播磨灘の魚魚らの食物連鎖の土台がイカナゴ、これが少ないと、生態系に異変が生じる、
また、タコ漁にはさらに打撃が大きいと思う、海水温が彼らの生存可能海水温(5度)ギリギリの低さになっとる、
このままの調子だと、沖へ魚釣りに出られるのは、3月に入ってからだと思いますなぁ~~、
それまでは、尺八でも吹いていましょうかねぇ~~、

古今東西の叙情歌(唄)を探りまくる毎日だ、面白そうな五線譜を見つけ片端から⇒尺八譜へ採取し試し吹いている、
採取譜はたまる一方、雑然と積み上げ、つくねている、整理しなきゃぁ~~、
が、整理するより、採取の方がオモシロイ、で、なかなか整理が進まない、

昨日は「サワコの朝」(阿川佐和子が著名人対話するTV番組)に、デビ夫人が出ておられて、「好みの曲はナニ??」と問われて“ラベルの「ボレロ」です”と、おっしゃった、
コレ、未だ未採取の曲だ!!!
昨日午前中、いっきにこの曲の尺八譜を採取した、シンドかったがおもしろかった、
と、もう一曲「故郷は遠い北国」を採取、
倍賞千恵子さんが歌っている曲、クラリネット・バイオリン・ビオラ・フルート・クラリネット2・ピアノ・ハープ・セロ・ギターの総譜から、エッセンスを抜粋し尺八用に調整、未だ試し吹きしておらんが、吹けるかな???上述・「ボレロ」に比したら吹き易そうだ、

今日はどんな曲を採取???
1日が暮れてみないとワッカラン、
今、午前8時40分、部屋にいると日差しがあたたかい、久しぶりにすこし長距離散布してみましょうかねぇ~、楽譜遊びバッカだと足腰が萎える、海へ魚釣りに出得る体力養成に、

| | コメント (0)
|

2018年2月17日 (土)

先ごろからコレ「イギリス毒舌日記」を愛読している、実に面白い、
他にも閲覧するページは在るが、頻回に更新されているのは少ない、クリックする都度、落胆する、
わたし、ブログ、いつ頃から毎日更新するようになったのだったかな…
ブロブ以前は、IBM・ホームページ・ビルダーを使って、「波平釣り日誌」を書いていた、毎日更新ではなく週1回くらいだったかな、

ホームページを最初に立ち上げたのは、60歳の時だった、
当時、毎週1回、日経新聞大阪版夕刊に「波平釣り日誌」というコラムを掲載させてもらっとったが、3年目に入ってこの企画が終わりになり、最終回に「以後の『波平釣り日誌』はココ(ホームページ・アドレス)にあるます」と予告記事を書いたのだった、
HP開設予告案内を書きはしたが、未だコンピューターに触ったことすらなく、HPが立ち上げ得るかどうか真剣に考えていなかった、簡単に立ち上げ得ると安易に思い込んでいたのだね、
コンピューターを買って、その時、はじめてマウスに触りビックリした、
毎晩、徹夜・徹夜の連続でひっくり返るかと思ったが、自力だけでHpを立ち上げ得たのだった、日経新聞の記者氏が「大丈夫ですか??」と心配なさっとったの覚えている、
あぁ~、当時の掲載ページは、一部を当ブログ右サイドバーにリンク掲載している、ご興味おありなら、クリックしていただけると嬉しい、

以来、更新・更新で今に至っとる、
「ご臨終です」まで、ブログ更新することになる、と、思う、
読まれなくてもかまわん、ボケ防止で充分、


<さて、ボケ防止のツブヤキ…>

韓国は、北朝鮮が敵国だなんて思っていないのだ、
真の敵は、かつて朝鮮半島を自国領土にした日本国だ、
大きな顔してノサバッとる米国が憎たらしい、
なにがなんでも民族統一を成し遂げて、日本や米国や、中国・ロシアら、と、向き合いたい、
の、ですよね、

文在虎大統領は、北朝鮮を訪問し民族統一の夢を語るのでしょうなぁ~、
両国間交流が模索され、38度線が解放され、瞬く間に朝鮮半島は北朝鮮化する、
周辺諸国に、世界各国に、大きな顔するようになる、
わが国は、あらがうすべもなく縮こまり、ますます米国様々になって、米国の洲に組み込んで欲しいと陳情する、
否、日本列島は、統一朝鮮に併合され、かつての両国の主従関係逆転のなかにねじ込まれる、

この予測、案外エエ線いっとるような気がする、
わしゃ、「アリラン」って曲は好かんがよう~~~

古今東西の歌(唄)を、思いつくまま手あたり次第に尺八譜へ採取していて、コンガラガッテ、わしゃナニやってんだか…
しばらく立ち止まって、整理してみようかと思っとる、

| | コメント (0)
|

2018年2月16日 (金)

「川の流れのように」

竹友K氏が譜取りのを吹いていますがね、キーは7寸管とあるので、それで吹いています、
吹き誤りがある、恥ずかしいがコレが波平の実力限界でしょうよ、


| | コメント (0)
|

48、46かぁ~~~

欅坂46の『不協和音』、この種の音楽は曲は、デッタイに北朝鮮では許されないでしょうなぁ~、体制崩壊を賛美するかのような曲調・内容になっとるよ、
AKB48・乃木坂46・欅坂46…〇×△□……
この流れ、どこまで行きますかね、

欅坂46のセンター平手友梨奈のソロ、女の子らしいかわいい歌声ですなぁ~~、
流行るはずだ、たしかに素晴らしい、

わたし、年甲斐もなく(後期高齢者)、彼女らの弾ける音楽を、歌詞を、なるほどなぁ~と感心しきりで聴いている、引っ張られとる、

高齢者が、もしも、彼女らの歌をカラオケしたら、彼女らを真似て手足を振り回したら、手足が、身体がバラバラになってしまうよ、
立ったり、座ったりの際、ドッコイショ、これじゃぁ~、テンポが合わな過ぎて歌えない、カラオケデケン、
東京五輪のフイギュァスケートの演技曲にコレラが使われたりしたら…
3回転4回転くらいでは足らないよ、どうしますか???

今朝起きてからずっと彼女らの音楽を聴いていましてね、
ズンドコ・ズンドコの音楽ですよね、血圧や、心臓に良くないですなぁ~~~、

作詞家・秋元 康氏は、美空ひばりの「川の流れのように」の作詞家でもある、
今日はコレ吹いて遊びましょうかねぇ~、
歌詞をあらためて読んでみました、
人生に成功したお方の歌詞になっとるなぁ~、と、想った、
わたし・波平の川じゃない!!!
わたしの川は、途中で幾度も干上がってしもうて…
ボヤァ~と、どうしようもないなぁ~と、想いつつ生きてきて今になった、


| | コメント (0)
|

«「シエナンドー」