2021年9月21日 (火)

コレばかり食うことに・・・

昨日は、ハードな1日だった、早朝2時前に起床し、4時に家を出て「はまちどり」艇係留のマリーナへ走り、即刻沖へ向けて出港、潮が早く、波もあって難儀な中でフグ釣りに挑戦、午前11時前頃まで頑張ったが、想った釣果が得られず、瀬戸内海は姫路遥か沖合に浮か家嶋諸島海域へ転身し、落とし込み釣りでブリ狙いの釣りに挑戦した、

まず海面上に現れるイワシのナブラを探す、見つけるとそこへ向けて艇を移動させ、素早く鰺釣り用の太仕掛けサビキを落とし込む、と、すぐに鰺が掛かる、と、と、そのまま海底へ向けて具を垂らし込む、鰺が群がる下からコレを狙っているであろうブリが居る辺りまで・・・
と、いきなり強い当たりがあり、釣竿が大きくしなり竿先が海中に引き込まれる、針に掛かっている鰺をブリが針ごと襲い食ったってこと、
コレを釣り上げるのだが、極めて強い引きでわたしには既に無理な激しい釣りである、が、頑張って戦ってみたってこと、
同行のユリタロウは大丈夫だ、彼は未だ若い、体力も充分、が、わしゃ既に老人で、立ったり座ったりすることすら、都度都度にヨイショの掛け声が必要なヅヅイだ、必死になってブリを船べりまで釣り上げる、と、ユリタロウが大きなタモで素速く取り込んでくれる、わたし独りだけなら、とてもじゃないが片手でブリが暴れる竿をあやつり、片手で大きなタモをあやつりブリを素早く捕獲するなんぞは無理だ、

あぁ~、海面にナブラが常に現れているってことではない、海面下に鰺の群れがかくれて海面に群れの状況は顕れていないことがむしろ常の状態だ、が、「はまちどり」艇には、超優れた魚探装置があって、コレで見ると周囲の海面下の状況が探索可能だ、
立てつづけに4・5本、釣り上げたような気がする、ユリタロウは鰺群れを海面に、海面下に、観察しながら、的確な指示をわたしに伝えてくれる、彼が指示するままに釣り竿をあやつる、
「彼が来ますよ!!」と言うと、途端に、竿先が大きくシナッテ海中へ引き込まれブリと向き合う羽目になる、
ものすごい勢いでブリは走る、リールはキツク閉めて向き合っているのだが、それでもブリは釣り糸を引きづり出す、そうはさせじと、わたしは釣り竿を立て、大きくしなる竿を必死に掴んでリールを巻き、ブリを少しづつ手元へ引き寄せる、
立てつづけに4・5本は釣ったような気がする、ユリタロウはこの間、自分も竿を握って釣り上げていた、
生け簀は、フグとブリでいっぱいだ、艇内に設置されている生け簀だ、生け簀には小穴が穿たれていて、外部の海水と自然循環する構造になっとるが、釣りすぎて、魚が密状態になる、穿たれた小穴を通しての自然循環だけでは酸欠になる、で、こういう場合は生け簀に酸欠防止のために電動式で空気を送り込む、が、生け簀を覗き込むと、ひっくり返ってしまったブリが出てきていた、急きょ、釣りを打ち止めにして、魚々を〆る作業に入った、

この作業って、これまた、ある種暴力沙汰に似たキツイ作業だ、
沖合で艇を止めて艇を潮の動きにゆだねたままの状態での作業とならざるを得ないので、常に周辺の海上に目を配りながらの作業となる、
潮の流れは、ありがたいことに、帰港すべきマリーナ沖合方向へ向かって流れていた、この作業を二人行う間に、艇は、5・6マイルも潮に流された・・・

釣果だが、わたしは、ほんの少しだけ、持ち帰った、
ブリもどきの大きさのを2尾、と、その他をほんの少し、
ほんの少しは帰宅途中友人宅へ立ち寄り差し上げて来た、農家だ、ドデカイ・ブリをいきなり差し上げてもタダ眺めるだけで手が付けられないに違いない、コレさばくに必要な包丁も用意が無いに違いない、で、小物を少し・・

わが家に持ち帰ったブリ2尾だが、知り合いの某氏にお願いし、サバイテいただいた、
大皿4枚にイッパイの刺身、と、煮つけ用の部位がドサッ、
大皿1枚はわが家が、後3枚の大皿サシミはご近所にお持ちし貰ってもらった、
さて、
大皿1枚の刺身に向き合ったわたしだが、ビールと酒を飲みながら、コレを向き合って、約5分1は平らげた、
が、そうこうする間に食卓椅子に座わった状態のまま、寝ていたようだ、ふっと気が付いたら真夜中12時を過ぎていた、
急ぎ膳をカタズケ、余ったサシミ等を冷蔵庫へ突っ込み、ドテッと寝床で横になった、
今朝目が覚めたら朝7時前だった・・・

と、たった今、大皿1枚差し上げた某家ヤモメ・バァサンから、電話があった、
「波平さん、食べ切れなかったお刺身は、カクカク、コレコレで、漬け込んで置くと、今晩からか、ご飯に載せて美味しく食べることが出来ますよ・・・」と、教えてくださった、
酒・ミリン・醤油で漬け込むのだそうな、試みてみようと思う、
が、しばらくの間、毎食、コレばかり食うことになりそうだなぁ~~~、

2021年9月20日 (月)

午前4時チョイ前

今日の夜明け時刻は5時21分、ユリタロウとはマリーナで5時集合の約束、未だ夜明け前で足元が危うい中を桟橋に出て艇に乗り移り、大急ぎで沖目指して出航する、そうこうしている間に、ウッスラと夜のとばりが溶けてくる、
夜明け時刻30分前から、実は少しづつ白んでくるので、凪いだ海ではもうすっかり夜は明けていて、沖を目指し突っ走っていると水平線からお日様が顔をお出しになる、いつ見ても絶景ですわ、気合が入るよなぁ~~~、

家に愛犬・春子を置いての、自分勝手な魚釣り遊びだ、
もし、ナニカのことがあってわたしがクタバッテしまって、帰宅できなくなったら、春子は家で飢え死にすることになる、
コレを想うと、デキルダケのことをして、例えば、餌(朝食)はいつもより多めに与えた後、更にもう一食分、これも多めに用意し、そっと置いておく、水も同じだ、大きな洗面器二つにタップリ入れておく、探せばわかる位置に・・
こんなことをゴソゴソやっとると、春子には、既にわたしがナニをしようとしているか、わかるのですよね、
また、とうちゃんは魚釣りに行くのだなって・・・、
彼女は、感が非常に良い、彼女の眼を見ていたら、わたし判ります、

ここ、わが家から港までは、軽四で約40分、ぶっ飛ばしたら30分だが、もうわたしはソロソロでしか走らないことにしている、、、
さぁ~、コレから、出掛けます、
午前4時チョイ前、記、


2021年9月19日 (日)

明日は「敬老の日」

どうやら明日月曜日(敬老の日で休日)は、沖(播磨灘)はベタ凪のようだ、
で、又、フグ釣りに出かけようと思っとる、
釣り餌は、この海域で採れる特産の“川津エビ”、明石に、この漁をする漁船があり、採れると未だ生きてぴんぴん跳ねるエビが市に出る、コレを買って餌にして釣る、

あぁ~、未だ生きて跳ねるのを餌にするのではなく、コレをキチンんと上手に冷凍したのを持ち出し、沖で解かして釣り針に付ける、この冷凍管理がそれなりに難しいのですよね、わしゃ、コレのベテランですわ、美味しいエビですよ、沖へ出て釣り餌に使いながら、チョイ自分でも食べてみたりする・・・

さて釣りの話はコレくらいにして・・・
女の話をします、
ボラン活動だが、ここしばらく、コロナの関係で活動が出来ない状態だ、
チカラが余って捨て所に困っている、
・・・この言い方、なんか格好エエですなあ~~~
で、
相棒・船頭ドンの発案で、この際、思い切って二人で女の研究をしてみよう、と、なった、
女の歌を、集中して歌ってみようってことですわ、
10曲選び出していましてね、ここでは、わたしの尺八だけになりますが、内、2曲を吹いてみますね、

なにせ、明日の釣り行きが嬉しくて、気持ちが少し高ぶっている中での吹奏だ、
この気持ちの高ぶりは、もう忘れていたが、ヒョットしたら男女間の気持ちの高ぶりに似ているような気がするがどうなのだろう???

「女のブルース」


「女のみち」

«秋だ!!!