« 今日の1曲「老犬トレイ」1850年 米国・フオスター作曲 | トップページ | ナニやってんだか・・・ »

2019年10月13日 (日)

チョイ休憩

台風一過かぁ~~、わが家は兵庫県三木市ですけれど、早朝は未だ台風外苑の怪しげな空だった、黒い雲が台風の輪を感じさせて不気味だった、が、今・午前9時半、日差しは全く無いが、空には黒雲は無くなった、分厚そうな白い雲、たいぶ高い位置だと思う、ボンヤリした空、 

さて、さて…

例によって、尺八でたまたま気になった曲を漁り吹く業(?)のなかに居ますがね…ワシャだめだ、才能がなさすぎる⤵⤵⤵今日は、海童道祖の吹く「手向け」を聴いて、以前自分で耳コピーしたこの曲の尺八譜を眺めていましてね、眺めるほどに、粗雑な耳コピーであったことに気付き、ドッスン、深みに落ち込んでいる、

耳コピーのやり直しに挑戦しているのですが、聞き込むほどに、以前は気付かなかった音が聴こえてきて、必死になって譜に採取し書き付けようとするが、わたしの力では成し得ない、もう何枚も書きつぶした、採取して、で、音源と聞き合わせると、捉えきれていない箇所がみつかる、で、破り捨てて書きなす、聞き合わせて、で、で、破り捨てる、の、繰り返し、

五線譜音楽とは違った尺八の古典曲だ、拍子があるようで無いようで…ってことは1拍・2拍とか、半拍とかの感覚を無視した流れの中での演奏、小節を切った中で、オタマジャクシを泳がせる五線譜音楽、と、は、別世界の音楽、吹いている海童道祖ってお方ですけれど、もうお亡くなりになって久しいお方だが、自分が吹くのは巷で言う“音楽”なんかじゃない、コレはある種の自分の息遣い、呼吸・運動の類だ、と、おしゃっていたらしい、で、す、がね、聴きますとね、感動するのです、ほんとの音楽の芯を聴くような気がする、尺八ッて楽器は実に変な楽器ですナァ~~~、

今日は朝っぱらから、耳コピーに夢中になって、結果投げ出してしもうたってこと、あぁ~しんど、チョイ、休憩しますわ、

« 今日の1曲「老犬トレイ」1850年 米国・フオスター作曲 | トップページ | ナニやってんだか・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の1曲「老犬トレイ」1850年 米国・フオスター作曲 | トップページ | ナニやってんだか・・・ »