« 日々 | トップページ | こんなことをやりながら »

2019年11月 7日 (木)

プロジェクター

アレコレあって、“尺八吹奏ボランティア”活動も、もうこれまでと思っていたが、ボーカル担当の船頭ドンとつるんで稽古し、時々、依頼を受けて出かけて吹くことが増えてきた、

相棒の船頭ドンも気合が入ってきて、ボーカルとシャベリ(場の進行役も氏が担当)だけでは物足らなくなり、アコースティック・ギターを買い込んだ、氏は、コード弾きしながら歌いたいというて猛練習中だ、

で、わたしも、今一度本気で“尺八吹奏ボラン”に取り組んでみようかと思うに至った、 

以前盛んにボラン吹きして回っていたころは、プロジェクターを会場へ持ち込み、歌詞をスクリーンに投影し、合わせて簡易な音響装置も持参してやっとったのだった、が、今は、これらの大仰なことは無しでやっとる、が、が、コレからは本気で構える、と、なると、これら機材の有効利用も復活させようかと思うに至った、が、が、が…ほんの数年間で、ITがらみの機材は急激な成長を見せ、例えば歌詞投影用の器材・プロジェクターだが、以前に使用の機材は画面投影は2500ルーメン、これでは、画面がボンヤリし歌詞が読み辛い、今は3600ルーメンの機が1万円と少しで購入デケル、機の大きさも随分小型になっていて、わたしら老人でも持ち運ぶに容易だ、ってことで、この際、思い切って購入することにした、

歌詞投影方式ですとね、歌詞を書いた紙を皆さんに配布することをしないで済む、歌詞用紙をたびたび用意するのは、結構経費的に言うてもシンドイのです、以前に使用していた機材(プロジェクター)は11万円ほどもする機材だったのですがね、今では、この十分1の価格で、更に、性能アップの機が手に入る、 

歌詞を簡易スクリーンに投影し、素早く、場の展開に対応し得る、うれしいですなぁ~~~、使用する曲の幅も広げることが可能になる、

プロジェクターにカラオケ音源を仕込んでおくことも可能のようだ、時には、仕込んでみてもオモロイかも、

常時使用の曲は約50曲、コレを芯に据えて、幅を広げるが、2、3百曲も用意すれば、まずだいじょうぶ、

が、2.3百曲の歌詞を綴った歌詞本を5.60冊も用意し、配布したり回収したりするとなると、ホント大変だ、歌詞投影方式は各段に優れている、

来週の「カラオケ喫茶」から、歌詞投影の場での演奏にしようかと思う、準備すべきことが、アレコレある、頑張ってみよう、

 

あぁ~、朝飯は、野菜ジュウス、と、飯を二口だけだった、ヤッパ腹が減ってどうにもならん、

昼は、買ってきたコアジのフライ1枚と、ゲソのフライひとつと、飯を1膳食った、デンデン美味しくなかった、

晩は未だ考えていない、酒を舐めつつ考えることにする、

 

♪♪♪ これじゃカダラにいいわけないさ、わかっちゃいるけど、やめられない…♪♪♪

この曲も、スクリーン投影用に整備しておこうかな・・・

« 日々 | トップページ | こんなことをやりながら »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日々 | トップページ | こんなことをやりながら »