« 「悲しき天使」 | トップページ | ロシア伝統曲「黒い瞳」 »

2020年1月13日 (月)

ips細胞

又、朝風呂に入って、あがって、なにげにTVスイッチ入れたら、山中伸弥氏がイロイロ話をなさっていた、若者らに向けてのメッセーヂだなと思った、“恐れずに、失敗を重ね重ねて自分のビジョンを見つけ、努力してほしい”のお話だった、

 

が、20代、30代の頃は…って話ですわ、

わしゃ今年7月で80歳になる後期高齢者ですぜ、昨年は急性肺炎で2度も緊急入院し、かろうじて命を繋ぎ得たのだったが余命はどうなるか不安不安の中だ、

他人事だと思いながら聴いていたが、氏の話は重たいですなぁ~~、逃げようとするわたしの襟首を掴んで離さない、もうこらえてェ~なぁ~、わしゃもう関係ない…

 

トカトカ言いながら、わしゃこれから、細い息で、ロシア民謡「黒い瞳」を尺八譜へ調整採取し、自分で試し吹いてみようと思っとる、上手に吹きたいと思ってなんかいない、ロシア民謡の根っこにあるどうしようもなく重たいもの、短調形式でなければ唄い得ない心、チョイでエエから、コレに接し、身をもって感じながら吹いてみたい、の、気持ちがこんなことをわたしにやらせている、

 

氏の話の中の“失敗を重ね重ねして”…の、くだりには自信がある、問題は成功したことなんか1度もないってこと、あえぎあえぎ生きてきたのだった、と、ココへ思いが至ると、山中伸弥氏の話はス~と細くなり聴こえなくなる、

聴こえなくなるのじゃない!!!

わしゃ、シャクに触ってTVスイッチを切ってしまった、切ったらナァ~ンも聞こえなくなりますわな、

 

関係ナァ~~~イ!!!

 

ips細胞の効いた咳止め薬ってあったかな????

 

 

« 「悲しき天使」 | トップページ | ロシア伝統曲「黒い瞳」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「悲しき天使」 | トップページ | ロシア伝統曲「黒い瞳」 »