« 「月の光」ドビュッシー | トップページ | 「津軽海峡冬景色」 »

2020年3月28日 (土)

思い出のなかで

今日(3月28日・土曜)も雨模様ですね、明日も荒れ模様のようだ、冬から⇒春への、この時期は天候変化が激しく野外行動は危険だ、充分天候変化を読んだつもりでも間違いが生じやすい、登山とか、海へ油断して出るなどは危険な時期、

が、4月下旬になると、天候は安定し、小さな艇(プレジャーボート)でも海へ出て走れる、

 

思い出すなぁ~、日本列島1周航海を楽しんでいた頃のことを、東日本列島周航の旅に出港したのは4月24日のことだった、

もう大丈夫だろうと気象変化を読み切ったつもりだった、播磨灘から出航し、瀬戸内海を関門海峡へ向けて突っ走った、が、気持ちばかりが先行し焦る気持ちがあったのだと思う、初日は一気に九州・国東半島先端沖の姫島を目指した、初日停泊はココでと思っていたが行きつけなかった、大三島・宮浦港泊になった、波が結構あって姫島にはたどり付け得なかったのである、

 

瀬戸内海は外洋ではなく内海だ、閉鎖海域だ、が、灘・灘・灘が連なった危険な海でもある、灘ってのは荒れる海だってことでしてね、小さなボートで走るには危険な海なのです、

播磨灘を出航し西へ向かって走った、備後灘・安芸灘・伊予灘・周防灘を突っ切り関門海峡を突き切ったらそこは日本海で響き灘という海、この先は玄界灘だ、

瀬戸内海を突き切っるに2日かかった、海は少し時化てはいたが楽しかったなぁ~~~、

 

この航海日記はブログ・アップしています、もし御興味があれば覗いてほしいです、ココhttp://hamatidori.cocolog-nifty.com/namihei/をクリックしてくださると、画面が展開し、「釣り師波平ナニを吹く」って画面になる、ページの右欄に「日本列島魚釣り周航記」があります、これの波平:岬波1・2をクリックしていただくと、周航記をご閲覧いただくことがデケル、自費出版しておきたかったが叶わなかった、で、こんな形になった、

 

あぁ~、わたしも歳をとった…

思い出のなかでアレコレの感傷を抱きつつ、尺八を吹くばかり…

 

« 「月の光」ドビュッシー | トップページ | 「津軽海峡冬景色」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「月の光」ドビュッシー | トップページ | 「津軽海峡冬景色」 »