« アタリマエダノクラッカー | トップページ | 「海の歌」「月のバルカローラ」 »

2020年6月 3日 (水)

アメリカの暴動

アメリカの暴動(警官が黒人を押さえつけて殺害に抗議の…)が、ヒョットしたら新局面を迎えそうに思うがどうなのだろう、暴動鎮圧に出動中の警官が銃器で撃たれているようですね、本気の銃撃戦になるのかも…、

が、各州の知事はトランプ大統領の州兵の出動要請には応じていない、否、既に州兵出動中の州もあるのではないか・・・

 

の、状況下で、更に連邦軍が鎮圧に出動したら、ヒョットしたら州兵が連邦軍の前に立ちはだかかったりする場面が生ずるかも、州兵と連邦軍の撃ち合いが生じるかもよ、

州兵はまさか核兵器は持っとらんだろう、重火器も持っとらんかも、が、通常の市街戦なら地の利は州兵側にある、

米国は連邦国家だ、各州は建前上はそれぞれの州は国家なのですよね、米国は数か国に分裂するかも・・・

トランプ氏の滅茶苦茶は、今後どう歯止めを外してゆくのだろう・・・

 

思い返せば米国は暴力が好きな国だ、ほんの少し思い返せばすぐに解る、

先の太平洋戦争で、既に戦闘能力を失った日本国の、それも非戦闘員を、徹底的に殺しまくった国だ、日本の都市上空に爆撃機を飛ばし、ジュウタン爆撃で爆弾投下した国だ、2発も原爆を広島・長崎に投下した国、

 

未だ、米国は、この無差別殺害について、正当化するだけで反省の色を見せてはいない、

米国を攻撃したら米国は核ミサイルを使って反撃するかも、と、コレが米国攻撃の抑止力になっとる、トランプ氏は核ミサイル発射のキーを握っとる、このキーを使ってみたくてしょうがないのではなかろうか・・・

恐ろしいですなぁ~~~、

« アタリマエダノクラッカー | トップページ | 「海の歌」「月のバルカローラ」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アタリマエダノクラッカー | トップページ | 「海の歌」「月のバルカローラ」 »