« 気楽な気分 | トップページ | ショパン・エチュード第4番「幻想即興曲」 »

2020年6月22日 (月)

「浜辺の歌」「七つの子」

今日は、3月の訪問以来久しく途絶えている老人福祉施設への尺八吹奏ボランティア訪問の再開・打ち合わせに出かけてみようかと思っている、ヒョットしたら、来月からは再開可能かもと思うので・・・

で、もし再開デケタラ、凝った曲の吹奏は止めて、こんなのをシッカリやってみたい、

 

実は、わたし自身がもう本物の後期高齢者になっていて、老人施設を利用しておられる方々のことが、まさに自分のことだと思うようになっている、もうヤヤコシイ凝った愛や恋のネジレを唄った歌はシンドクなった、

基本に戻って、子供帰りして、純粋な気持ちに立ち返り、こんな曲群に親しみを抱くようになったってこと、

 

飾りを取っ払って、真っすぐ吹く、これって、ホントは一番難しいのだよね、

 

「浜辺の歌」

「七つの子」

 

 

 

 

« 気楽な気分 | トップページ | ショパン・エチュード第4番「幻想即興曲」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 気楽な気分 | トップページ | ショパン・エチュード第4番「幻想即興曲」 »