« 今の社会は、見当識が狂い始めている | トップページ | 「遠くはなれて子守歌」「ブーベの恋人」「岬めぐり」 »

2020年6月28日 (日)

「日常非常」

日経新聞朝刊・夕刊の購読を再開して2週間経った、

単身生活になって、だんだん落ち込んでゆく自分をナントカせにゃ、と、思ったのがキッカケだった、毎月4900円の購読料は年金生活の我が身としては贅沢だ、年額58,800円、この金額は今の我が身にとって半端な額じゃない、が、購読再開して良かった!!!

 

不思議だ、3年前までわが家は延々と新聞購読し続けていたが、あの頃はナニを想って新聞と向きあっていたのだろう、思うに、若かった頃より老いた今の方が真剣に新聞を読んでいる、

 

今朝は、第28面・文化欄の「日常非常」(小林康夫・哲学者)の話が非常に面白かった、ドンズバリ今のわたしのダラダラ生活を言い当てている、

そうかぁ~~、と、思う、オモロイ!!! 極めてオモロイ!!!

 

来月わたしは80歳になる、今は体調は正常だと思っとるが、掛かり付け医(Dr)は検査データーの正常値枠からはみ出た検査数値を観て、ブツブツ呟きながらいつもの言葉で締めくくる、

→「コレで充分です、以前から比べると云々・・」

→「お歳からするとコレで充分です」

→「またナニかあったら、早めにお越しくださいね・・」

 

“日常非常”の毎日の中で、わたしは趣味の尺八を吹き、新聞を読み、ぼぼ終日自宅のなかで愛犬とふざけ合って生きている、愛犬・春子はわたしの動きを実に正確に感知し、フッと動いたわたしを観て、

  • ウヌ!! ナニか買い物に出る気だな!!!
  • ウヌ!! 散歩へ連れて出るくれそうだな!!!
  • ウヌ!! おトイレかな!!!

ホボ100%言い当てる、と、わたしもツイツイその気になって彼女の期待に応える、

この逆かもよ、彼女からわたしを観たら、お父ちゃんは、あたしの気持ちをわかっとる!!! と、思っとるのかも・・・

 

わたしが尺八を吹いているときは、彼女は常に足元に寝そべって聴いている、まじめに聴いているわけじゃない、熟睡しとる・・・

 

“日常非常”かぁ~~、

そうだなぁ~~~、日々、そのような感じがしますなぁ~~~

« 今の社会は、見当識が狂い始めている | トップページ | 「遠くはなれて子守歌」「ブーベの恋人」「岬めぐり」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今の社会は、見当識が狂い始めている | トップページ | 「遠くはなれて子守歌」「ブーベの恋人」「岬めぐり」 »