« 「浜辺の歌」「七つの子」 | トップページ | 「星の流れに」・・・吹く都度工夫しています、 »

2020年6月24日 (水)

ショパン・エチュード第4番「幻想即興曲」

ショパンの幻想即興曲を、メロデイだけで楽しむってのは間違いでしょうよ、が、尺八でナゾリ吹いてみようと思ったのですよね、と、なると、わたしの技量ではメロデイだけ追いかけるが精一杯、無理は承知、止めておいた方がエエのは判っとる、

が、チョイと吹いてみた、

 

あぁ~むなしい・・・

空っぽの我が心かな・・・・

 

実は、今朝は、午前2時起床以来、ずっとユーチューブで辻井伸行さんのピアノを聴いていました、ショパンの12のエチュードを辻井氏の演奏で幾度も幾度も聴き直している、全てを聴くと約20分、フッと気付くともう2時間以上経っていた、

スゴイですなぁ~~、本当に天使のような演奏だ、聴いていたら時間なんぞナンボあっても足らないですわ、

ショパンのエチュードに尺八で立ち向かうなどはとんでもないことだ、

 

尺八譜へ採取を試みようかと思ったりするが不可能です、まったく不可能、とんでもないことだ、かなわない、デンデン立ち向かえない、自分の非力は承知しているつもりだが、それにしても世界は広い、大きい、

 

自分が小さく小さく思えてならん、が、幸いなことに、自分の非力さを、小さいことをワシャ自覚でき得ている、コレは幸いと言うべきかも・・

今一度、オノレの非力を実感してみましょうかねぇ~~、

 

オノレの非力を知り、小ささをより厳しく知ることは、宇宙の広大な営みのなかで、辻井伸行氏のすばらしい演奏を、より楽しむことと、間違いなく繋がっとると思うから・・・

 

ショパン「幻想即興曲」

 

 

 

 

« 「浜辺の歌」「七つの子」 | トップページ | 「星の流れに」・・・吹く都度工夫しています、 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「浜辺の歌」「七つの子」 | トップページ | 「星の流れに」・・・吹く都度工夫しています、 »