« 「かえり道の歌」竹中郁作詞 古関裕而作曲 | トップページ | ボラン活動再開の準備を始める »

2020年6月 2日 (火)

ボソボソ尺八

アベノマスクが届いた、記念品だ、大切に仕舞い込んでおこうかと思う、

我が国はアベノマスク感覚でオリンピック開催へ突っ走るのだろうか???

開催はもうあきらめた方がエエと思うなぁ~~~、

 

新型コロナは人間世界を壊した、神様・仏様より強かった、

あぁそうだ提案がある、新型コロナの御機嫌を損じないよう、“新型コロナ神社”を建設し、神社の外へはお出ましにならんようシメ縄張って、お祭りしたらどうか???? コレって案外最善の策かもよ!!!

 

古関裕而作品集(「本」・楽譜集)を購入し、収録曲のなかでオモロそうなのを片端から尺八で吹いて遊んでいましてね、こんな遊びで日々過ごす老後になろうとは…

しかし、オモロイですなぁ~~~、どの曲にもナンカ共通したものがある、古関裕而氏の感性・個性と言うべきか…、コレが肌に感じられてとても楽しい、デンデン飽きないですなぁ~~~、

 

三木市内の各種福祉施設や自治会集会に呼ばれたりして、尺八吹いていたのだが、コロナ騒ぎで完全にストップ、

わたしのような老人の場合は、いったんストップしてしまうと、再開が難しいですわ、以前のような動きがデケルかどうかワッカランです、ヒョットしたら、独りで自宅でボソボソ尺八吹くだけになるかも…

が、古関裕而作品集を繰ってみて、新たな楽しみを見つけました、今まで集中して同一人物の作曲をたどったことはなかった、これは新しい遊びです、作家の気持ちに直接触れることがデケル!!!

 

あぁ~、この遊びの発端は、カミサンの日本画遺作展の準備からでした、自分のカミサンの生き様を改めて追いかけてみて、今まで気づかなかった彼女の視野がおぼろげながら理解出けるようになった、描いた日本画の数々を写真に撮ったり、図録編纂を試みたりする中で、絵を今までにない視点から眺めたのですよね、

 

絵を観るのと、曲を吹いたり聴いたりするのとは、まったく同じですな!!! 非常に共通点が多いです、

メロデイと歌詞との関係、これも非常に興味深い、歌には前奏部分がある、間奏・後奏部分もある、歌詞を取り巻く前奏・間奏・後奏の処理がコレマタ興味深い、オモロイ、

 

こんな遊びのなかで過ごす老後の日々、まぁ~“ヨシ”としましょうか、

今日も数曲吹いて、ボログ・アップを試みますわ・・・

 

« 「かえり道の歌」竹中郁作詞 古関裕而作曲 | トップページ | ボラン活動再開の準備を始める »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「かえり道の歌」竹中郁作詞 古関裕而作曲 | トップページ | ボラン活動再開の準備を始める »