« 仏壇にお線香を | トップページ | いつも心踊る 夢を見たい »

2020年8月24日 (月)

「調子」・・・針の穴から天覗く

午前4時半、既に雨戸は開け放ち網戸にしている、室温・室外温共に26度、この時間帯は毎日部屋の空気を全て入れ替える、

 

住まいから軽四で10分足らずの田んぼの中の老人施設でクラスター発生かもらしい・・・、2年ほど前まで尺八ボランで度々訪問していた施設だ、シッカリした管理体制のある施設なのに・・・

 

我が地区にも数か所同類の老人施設がある、今年、2月に訪問して以来、まったく訪れていない、2・3・4・5・6・7・8月…もう数日で秋9月になる、

趣味の尺八を杖に余生を過ごそうとしたワタシだった、コロナ以後、わが家でボソボソ吹くだけ、の、なか、今日は相棒・船頭ドンと週1回稽古の日、わが家で午前10時~12時頃までの稽古する、 

イロイロな曲を二人で相談しながらの稽古、二人だけで・・・、なんか空回りして、気合がねぇ~~~、ピリッ!!とした稽古がデケンのですよね・・・

で、イロイロ考えて、わが地区の集会所の空き日に、ここの広間を使わせていただけないかと申し出た、無人の集会所を開けていただいて、ここで舞台で出た気持ちで稽古しようかと・・・うれしいですなぁ~、お許しが出た、それもタダで使うお許しが・・・

どなたかに初回だけでも覗いてほしいのだよなぁ~、このあたりのこと、今日の稽古では、相棒と相談しようかと思っとる、

 

自宅から1歩外へ出て吹く、コレが実は大きいのですよね、

視野が、気持ちが、前向きに開けてくる、針の穴から天覗くの心地・・・

 

「調子」(京都明暗寺・對山派)

 

 

 

« 仏壇にお線香を | トップページ | いつも心踊る 夢を見たい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 仏壇にお線香を | トップページ | いつも心踊る 夢を見たい »