« 「いつも何度でも」 その1 | トップページ | 酔芙蓉 »

2020年8月10日 (月)

オモロナイ1日

ドコからか頂き物があって、どなたかへおすそ分けする、

「コレおすそ分けですが、とても美味しいのです、おひとつ召し上がってみてくださいな」

と、言うてお届けする、

 

で、その“おすそ分けしたお宅”から、時に、同じように、“オスソ分け”だというて珍味が届いたりする、

 

「コレ、つまらないものですが、わが家では食べませんので、もらってやってくださいな」

と、言うて届く、

 

美味しいのですよ、と、言うてお届けするのと、

つまらないものですが・・というてお届けするのと、

どちらが正しいのかな???

 

ちょっと、近くに来たついでに立ち寄らせていただきました・・・

というて、訪問するのと、

 

久しくご無沙汰してゴメンなさい、どうしておられるか気なって、ご都合も伺わず来てしましました・・・

と、言うて、訪問するのと、

この差を、どう評価しましょう、

 

盆の墓参りの時期だ、

墓地には、縁戚関係はない知人・友人の墓もある、自分の家の墓参りのついでに、知人が眠る墓にもお線香をあげてこようと“ついで参り”することがある、

墓地はその気で出向かねばならん辺鄙な箇所にある、しかたがないことだ、が、しかし、訪れた墓の縁戚者に、「ついでにお参りさせていただきました」と、気安く言うのは止めた方がエエ、コレは自分の心の問題だ、縁戚者にあいさつ代わりに言うたりすることじゃない、

 

わたしの妹が℡で「いついつになったら手が空くから、思い切ってお墓参りしてくるわ・・」と、言うた、「ついでに、兄さん、何か欲しいものがあったら、買っていってあげようか・・」って言うてくれた、

盆法要の日程は毎年必ず事前に連絡している、が、その日に出かけてくる気はなさそうだ、妹は長男宅に嫁いでいる、子供や孫も居てこれらの者らの帰省に備えることがあるやもしれぬ、それなりに忙しいに違いない、

が、わたしは、カチンと来て、ついキツイ言葉を返した、

 

「墓参りは無用だ、ナニも欲しいものは無い!!!」

「来なくてよい!!!」と、

 

オモロナイ1日になりそうだ・・・

 

 

 

 

 

 

« 「いつも何度でも」 その1 | トップページ | 酔芙蓉 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「いつも何度でも」 その1 | トップページ | 酔芙蓉 »