« こんな生活 | トップページ | 「大海原の夢」 »

2021年1月12日 (火)

キラキラ光る大海原

魚釣りだが、A)艇で沖へ出て魚を釣る魚釣りと、B)岸辺から釣竿出して魚を釣るのとがある、
A)の場合は、
 先ず、大海へ走り出て魚が居る場を探す必要がある、魚が群がる場に釣り糸を垂れる、
B)の場合は、
 魚がその場に居ると仮定して、釣り竿を出し、釣り糸を垂れる、

わたしは、A)で、あった、
広い海原を、愛艇で駆け回り、魚が居そうなポイントを探す、コレが楽しかった、

大海原に浮かべた小さな艇で、、艇下に居るであろう魚魚と、夢中になって向き合って過ごす、この楽しさに我を忘れて人生の大半を過ごしてきたのだった、


こんな男が、人間界の、複雑社会の、某組織の中でサラリーマンをしていたなんて信じられますか???
人間社会を泳ぐ“釣りキチ”、陸での月給取り生活は、わたしには息苦しい場であった、似つかわしくない場、


勤務先の上司がたまたま釣り好きなお方であったことがある、
このお方から、君は書くのが好きなようだ、釣り雑誌や釣り情報誌へ投稿してみたらどうか、と、勧められた、
以来、約40年ほども、アチコチへ投稿し続けたのだった、が、最近はわたしは愛艇を友人へ譲り渡し釣りから離れている、もう気休めにボログを書き散らして遊ぶだけだ、
月給取りが仕事をさぼって魚釣りに興じ、ソレを書きまくって小遣い稼ぎしとるナンゾは許されることじゃない、思えばヤバイ月給取りではあった、

退職間際に1冊だけ魚釣りの「本」を発行した、が、予想に反し売れなかった、意気込んでいたが頓挫した、あきらめきれず自費出版で数冊出した、出費ばかりで続け得ない・・・
あげくが、今のボログ(ブログ)の書き散らしだ、
書くのは、往時と全く無関係のボヤキ節ばっか、閲覧くださる方々だが、けっこう魚釣りに夢中だった頃の知人・友人が多いのが不思議、

思う、
この方々が年老いて魚釣り現役から撤退なさった際、ナニをボヤキ暮らすことになるのだろうと・・・、
キラキラ光る大海原が瞼に浮かぶ、この宝の海に浮かびつつ人生を終える、
釣りキチ、万歳!!!

オォ!!! マタマタ、尺八無茶吹きしたくなってきたぞ・・・
どうしょっかなぁ~~~


« こんな生活 | トップページ | 「大海原の夢」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« こんな生活 | トップページ | 「大海原の夢」 »