« シテイ・ポップ(ジャンルの)認識度 | トップページ | 間抜けな能足らずのクソ・ズズイ »

2021年1月 9日 (土)

さ迷い歩く

ウワサではわたしが住む近隣地区でもコロナ感染者が出たそうな、そうかぁ~デタかぁ~と思う、
気が付けば1月もすでに今日は9日だ、大自然は動いている、寒い、昨日はここ兵庫県三木市でも粉雪が舞った、
今朝はヤタラ寒い、室外マイナス7度、室内20度、こりゃたまらん、


尺八遊びだが・・・
かつて京都明暗寺対山派の古典本曲を学んだのだった、だが導主免許の道へは進まなかった、なんと、わたしは道を五線譜探索の彷徨の旅へ舵を切った、

五線譜へ食いつく遊びだった、
の、なかで、岡山にお住いの自称・音痴河童さんと意を通じ合うようになり、氏が採取なさった五線譜曲の尺八譜をがほぼすべてお預かりすることになった、

音痴河童氏は、五線譜を見て読んで⇒尺八譜を起こし採られたのではない、曲を自分の耳で聴きとって、いわゆる耳コピーで、尺八譜を起こされた、

わたしは、耳コピーは苦手だ、が、五線譜を見れば→尺八譜へ採取デケル、
氏の調整譜を拝見すると時々聞き間違が発見できた、で、ソレをお伝えすると、真剣に検討され時には修正もされたが、多くは、この曲はこうあるべきだと自分の耳コピー譜にこだわられた、
歌手はかすかに元譜から離れて歌ったりする、コレを鋭く聞き取って、ソレを氏は評価なさった、こんなことが、わたしと、音痴河童氏との間で幾度も幾度も生じたのだった、おおむね、わたし・波平が頭を下げて氏の耳に従った、

氏は、歌う人が女性ならこちらの(尺八譜)Aを、男性ならB(譜)を、と、いつも念頭に老人ホームでのボラン演奏があった、皆と一緒に楽しむ、コレが氏の根っこにあった、


昨年、氏は、長い闘病生活から卒業され安寧の場へ移られた、お亡くなりになった、
わしゃ寂しくてかなわん、

愛妻が亡くなって丸2年経つ、
才人・音痴河童氏もお亡くなりになった、
信頼すべき知人・友人らも、多くがアチラ住まいだ、


さて、シテイ・ポップだが、
この分野は、今後間違いなく演歌の本流になるであろうと思う、歓喜の発露、苦しみの泣き声、愛の喜び、この原点をシテイ・ポップは見据えている、

の、なか、昨日は、「フォークソングのすべて」(全音楽譜出版社)\4.300円をジュンク堂まで出かけて購入してきた、
オイオイ、いつまでお前は物騒な世の中、さ迷い歩くのや・・・

« シテイ・ポップ(ジャンルの)認識度 | トップページ | 間抜けな能足らずのクソ・ズズイ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シテイ・ポップ(ジャンルの)認識度 | トップページ | 間抜けな能足らずのクソ・ズズイ »