« 楽理もクソもあったものか!!! | トップページ | 「米国の夢舞台」 »

2021年1月20日 (水)

「帰れソレントヘ」「カントリーロード」

相棒・船頭ドンと次の稽古曲の打ち合わせをしていて、彼から五木ひろしの「山河」はどうか、と、提案があった、
が、わたしはこの曲は今まで聴いたことがあったようなような気がしない、思い出せない、ユーチューブで聴いてみた、わたしにはナンジャコレって感じの曲だった、とても“ふるさと”を思って歌うような曲には思えなかった、

「嫌にリキミまくる曲ですなぁ~~、シンドイ歌だ、歌詞もメロデイもふるさとを歌う類のものではないような気がする」と、わたし、
で、この曲は、稽古曲候補から排除することになった、

後になって思う、
彼のふるさとは北海道・稚内だ、真冬のこの時期、彼は遠く故郷を思っての提案だったに違いない、わしゃ、すげないことを言うてしまった、

わたしは、かつて愛艇で日本列島を大きく外回り就航しているのだが、この稚内には立ち寄っていない、礼分島へ立ち寄った後は一気に宗谷湾を突っ切り宗谷岬を越えてオホーツク海に走り込んだのだった、稚内はどんな所だったのだろう・・・


“ふるさと”を歌った曲は世界中どこにでもある、
の、中で、わたしはこの2曲が大好きだ、イタリアの「帰れソレントヘ」と、アメリカ・ウエストバージニア州の「カントリーロード」、吹いてみよう、

「帰れソレントヘ」


「カントリーロード」

« 楽理もクソもあったものか!!! | トップページ | 「米国の夢舞台」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽理もクソもあったものか!!! | トップページ | 「米国の夢舞台」 »