« 仏罰 | トップページ | 「慕情」「お眠りなさい、いとしい子」 »

2021年3月23日 (火)

真実がある

真実がある、あの人が好きだ、が、振り向いてもくれない・・・とか、とか、の・・・
若かった頃、多くの人はこの真実(?)、の、なかで、日々を過ごし来ったのだった・・・

 捻じれてしまって・・・グレタ者も居る、
 頑張って自分を鍛えあげた者も居る、
 的を射て一緒になったが、自分の想いが間違っていたことが判って、生涯をシラケ気分で過ごすことになった者も居るだろうと思う、

思うに、わたしは、あの子が“なんとなく好きだ”と、想ったことは、A? B? C? D?・・・・
と、人生航路の時々に仰山あった、
が、めんどくさくて・・・
本気でアッタクすることはなくダラダラ過ごし、果てに、妻と出会って、まぁエエか、と、所帯を持った、

妻が先に旅立つなんて、想ってもみないことだった・・・
そして、今、亡き妻が画いた日本画遺作展の実施に向けて、アレコレ・アレコレ各方面の方々の間をさ迷い歩く自分が居る、
妻の生存中は、このようなコトはマッタクした覚えがない、コレ、ホントですよ・・・
人生って様々ですなぁ~~~

今日も、又、なるようにしかナランの気持ちの中で、ワシャ、ウロツキ続けるような気がする、気晴らしに下手尺八を吹きながら・・・
わたしは実に自己中心で自分勝手な性格だ、
ひっくり返して思うに・・・妻は、生涯を、どんな気持ちの中で過ごしたのだろうと・・・

実は、わたし、この度の遺作展のなかで・・
妻の日々の画業探求の様を、すこし皆様にもご覧いただければ、と、思っとるのです、
それって、奇麗なものではありません、ノタウチマワル姿です、秘めて外へは出さない類の描き残した残骸です、
が、ココにこそ真実がある、
描き仕上げた絵画にはウソがある、が、が、ゴミでしかない残骸には真実がある、
残骸を観つつ思うのです、わしゃ、本気で惚れっとったのかもと・・・

« 仏罰 | トップページ | 「慕情」「お眠りなさい、いとしい子」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 仏罰 | トップページ | 「慕情」「お眠りなさい、いとしい子」 »