« 「今日は弥生ド真ん中」 | トップページ | 「水色のワルツ」 »

2021年3月16日 (火)

ウンタッタ・ウンタッタ・ウンタッタ・・・・

昨日は1日ゆっくり休めた、
休み過ぎて・・・・
早い時間から、少しだけのつもりで飲み始めて・・
で、酔っぱらって眠くなり、横になったらそのまま寝てしまって、起きたら、真夜中の零時半だった・・・
まさか零時半だなんて・・・
もう朝だと思って起きたのだよね、
フト、時計を見たら零時を少し回ったところを時計の針は指していた、

昨日、わたしのブログを覗き見したわが家のすぐ裏隣に住まう佳人(かじん・美しい独り住まいの御主人を亡くした高齢女性)が、1枚のDVDを持って来てくれましてね、「あなたのブログの哀しい曲を聴いて…ムニャムナヤ」というて、「コレ聴いて、元気出して・・」と、DVD置いて帰られた、タンゴのDVDだった、

ワシャ、タンゴは性に合わなくて・・・
でも、真夜中に起き出してしまって、ナァ~ンもすること無いし、で、今、コレ聴きながらブログっとるのですがね、
24曲も収録されたDVDでしてね、ウンタッタ・ウンタッタ・・・と、タンゴが延々と、鳴り続けていますがね、ダンダン疲れて来たぞ。。。もう勘弁してほしいのだよなぁ~~~

わたしには、もうこんなタンゴを聴き続ける元気ないですわ、
ウンタッタ・ウンタッタ・ウンタッタ・・・・

このDVD持ってきてくださったお方(佳人)は、わが家の裏2軒目にお住いのご婦人なのだけれど・・、ダンスもなさるようだ、こんなのを聴きながらダンスに興じる元気があるなんて・・・、わたしにはもうそんな元気はありません⤵⤵
が、シャクだから・・
とにかく、このDVD、最後まで聴いてやろうと思って・・・
延々とVDVは鳴り続けていますがね・・・
24曲もって・・・コレ、聴きながら、踊るなんって・・・
わしゃ、信じられない⤵⤵⤵

ウンタッタ・ウンタッタ・ウンタッタ・・・・


<※ 格闘中です >
このDVD、聴いていて、オヤ??? と、想った曲があった、「水色のワルツ」だった、なんか、雰囲気が他の曲とは違っていて、コレならわたしにでも聴ける、
調べてみたら、ナァ~ンだ、コレは1950年に藤浦洸が作詞、高木東六が作曲の曲を⇒タンゴ風に編曲し、演奏したもののようだった、
オモロイ!!!
ヨッシャ!!! そういうことなら、わしゃ、元の曲・1950年作の元曲を⇒尺八で吹いてみよう、今日は、出掛ける用事が二つあるが、夜が明けてからの用事だ、今、午前3時、充分時間はある、コレから、原作・藤浦洸の「水色のワルツ」を尺八譜へ採取の作業に取り掛ってみよう!!!
尺八譜へ直し採れたら、さっそく吹いてみるつもりだよ!!!
バカは死ななきゃ治らない、わしゃ、未だに生きているのだだった!!!

« 「今日は弥生ド真ん中」 | トップページ | 「水色のワルツ」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「今日は弥生ド真ん中」 | トップページ | 「水色のワルツ」 »