« 目を覚ませ、愚作共!!! | トップページ | 「朝ぼらけ」 »

2021年3月11日 (木)

「ついのすみか」

フト心が・感情が動いたのを自覚したとき、コレって音にしてみようかと思って、尺八を手にし、とにかく息を入れてみる、音程などはどうだってエエ、自分の今の気持ちを⇒音に表せないかと思って、
いわゆる滅茶苦茶吹き、コレにはまると、キット芸(?)は崩れるでしょうよ、
が、これって、音楽の原点でもある、
チョイ吹いてみる、コレが、原点!!!


春本番が近づいて、わが家は道と三面張りの小川・四合谷川を挟んで雑木林と向き合っていますのでね、庭にも小鳥らがしょッちゅうやって来るのですわ、
ナニやら、ピイチク・ピイチク言うている・・・

で、小さいミカンを二つに切って、庭木にくっつけたら、知らん間に小鳥がやって来て食つたようだ、
で、ヨッシャと思って、又、安いミカン買ってきて二つに割って庭木に刺して置いたら、今度はボランティア活動の相棒・船頭ドンがコレに目を止めて、自宅にあった小鳥のエサを手にやってきて庭に転がせてあった鉢に入れて、小鳥らが発見しやすい場所に置いた、
場所ですが、特に選ぶ必要は無いのです、庭の梅の木やサクランボの木には、四六時中イロイロな小鳥が来ているからなぁ~~、

どんな豪邸???
御冗談でしょう、とんでもない!!!
四六時中、屋根の修理屋とか、下水管の修理やさんとか、が、「家の補修しませんか??」など等でやって来て、ワシャその都度、「もうほっといてください!!!」と、お引き取り願うのだが、ズズイの独り住まいのようだと判ると、すぐに、妙な顔してお帰りになる、
もう少し熱入れて修理補修の要を説いてくれてもよさそうに思うが、ホッタラカサレタ哀しい気分になってオモロナイ!!!
要するに、腹減りの小鳥らだけが、やって来るってことですわ・・・

夜が明けたら、また、ミカンを二つに切って、2・3個荒れ庭に転がせてやろう!!!
玄関は愛犬・春子の出入りで、少し開けてあるのですよね、時々、小鳥がオモロがって入ってきますよ、
キット、尺八聴きに来るのだと思う、


「ついのすみか」
先ず手早くホワイト・ボードに殴り書きする、で、吹いてみる、が、吹いていると勝手に歪んでしまう、で、殴り書きを書き直す、数回書き直し、コレ吹くつもりで又々別の流れになり、今朝はこのような仕上がりになった、
が、が、未だ、仕上がり譜は宙に浮いた状態だ・・・が、とりあえず今朝の気分はこうだってこと・・・午前5時の気分ですわ、

※以下は、午前7時40分、又、少し修正し吹き直した、息が乱れて残念、

« 目を覚ませ、愚作共!!! | トップページ | 「朝ぼらけ」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 目を覚ませ、愚作共!!! | トップページ | 「朝ぼらけ」 »