« ホントの意味で | トップページ | 「就活音頭」 »

2021年4月11日 (日)

静かな朝

北米と南米との間のキュウバの南の海域はカリブ海だ、南米の最北にベネズエラって国があり、その沖にセントビンセント・グレナディーンという小さな島国がある、カリブ海に浮かぶ国、火山が噴火し住民全員が避難するはめになっとるらしい・・・

鹿児島の南はるかに十島村がある、トカラ列島と呼ばれる海の難所で知られた海域の中、ココで最近地震が頻発し住民らは怯えている、

ふるさと(故郷)、
人間に限らずおよそ命とよばれるものは、故郷への思いの中に浮かび漂っている、海の魚も、空飛ぶ鳥も、地に生える草草も・・・すべての命は故郷への想いの中、

戦いが生じ、ふるさとが侵される、地震発生や火山爆発でふるさとから去らざるを得なくなったり・・・、はたまた年老いてあの世へ旅立ったり・・・
あぁ~、あの世住まいの霊も盆や法事の際はこの世へふるさとへ舞い戻るのだったよね・・・

ワシャ、今朝は、どうしたのだろう・・こんな、ことを想いながらつい先まで、起き抜けに朝風呂に入りボ~~としとった・・・

今は、冷蔵庫から牛乳を取り出し大きな湯呑に半分採ってコレへポットの湯を足し込み薄めてチビチビ飲んでいるところ・・・

静かな朝だ、愛犬・春子は未だ寝ている・・・

朝飯用に米をすこし研いだ、小1時間ほど水に浸し置いた後、炊いて食おうと思う、

こんな朝をすごしている・・・

« ホントの意味で | トップページ | 「就活音頭」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホントの意味で | トップページ | 「就活音頭」 »