« 隔壁社会 | トップページ | 「幼かった頃を想いて・・」 »

2021年4月 8日 (木)

描かれている女性はすでに昇華した女性

本稿直前にアップしたの当ブログに、
“せっかくここまでお越しいただけたお方だ、精いっぱいお相手しなくてどうする!!!
と、わたしは書いています、
が、コレは、わたしに、その能力があるならば・・、です、
残念です・・・
わたしには、正直言うて、イロイロお問い掛けくださるのだが、正しくお答えする能力が不足している、都度都度、わたしは自分の能力不足に突き当たる、

最も多いお問いかけは・・・
「どの絵も同じモデルさんですよね???」
と、いうご質問だ、

人物画の研究に富子は絵画人生を送りました、
この合間・合間に様々なものを描いたりしていたが・・・

で、「同じモデルさんですか???」と、
ご質問を受けて、その気になってみると、なるほど、どの人物画も同じ顔つ女性です、
わたしは問われて、「でも、デッサン図を観ますと、すべて別人ですよ・・」とご返事する、
不十分な答えですよね、だって、絵を観れば同じ女性を描いたとしか観えませんわ、

この「同じ女性を描いたの???」
の、質問は、まさに急所を突いたご質問なのだが、コレにお答えするにはとてもじゃないが、数言交わすだけの立ち話の中ではむりです、

が、まさに急所を突いた質問であるだけに、この際だから、以下少し、書き出しでみましょうかねぇ~、


家内・富子は院展・院友でした、ランクがありましてね、1番上には“同人”と呼ばれる画家一群がおられる、ココがいわゆる日本画・画家の突き当りです、最高位、ココへ至るには必死のオカメで頑張らねば到達できません、富子は長生きしてココを目指そうとしていた、

さて・・
画家はどなたでも、それぞれに、描くに得意な分野をお持ちだ、
その分野を描きつくそうとして、極めつくそうとして、生涯をなげうち、その分野を描いて描いて描きまくります、

ある女性を描いて、ウヌ!! 描き得たかな、と、思う・・
が、探求心が許さない、未だ描き尽くせてはいない、と、思うようになり、再度挑戦する、気が付くと、ほぼ同じ図柄の絵を何枚も何枚も描いていたのだった・・・、コレって終わりのないある種の修行でしょうよ・・

その女性をイロイロな場面の中で描いてみる、こんなこと、あんなこと・・・
と、やっとる間に、ナニを描こうとしていたかの絵心は、単にある女性の姿絵の域を越えて別次元の絵の世界そのものの中でのモダエニに、葛藤に、なっている・・・

日常生活の中で、ただ単にスッと立っただけの女性の立ち姿を富子は描いたりしている、
わたしは、これ観て、“はぁ~富子はココまで来ていたか・・”と、思って絵を観ているのです、

画家の絵と向き合う必死の鍛錬、コレ、観てやって欲しいです、
描かれている女性はすでに昇華した女性ですわ、


« 隔壁社会 | トップページ | 「幼かった頃を想いて・・」 »

コメント

2012年チベットテンジュを改めて拝見して、お富さんが迷いからつきぬけたように感じました
彼女が嬉しさに溢れていて、私の胸もいっぱいに満たされました             大厳

で、とうとう、テンジュとやらへ行ってしもうって・・・

ワシャほったらかされて難儀・難儀・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 隔壁社会 | トップページ | 「幼かった頃を想いて・・」 »