« 1割負担酒について | トップページ | またいで歩け »

2021年4月16日 (金)

心の奥は・・・


昨日は極めてオモシロイ(??)ことがあった、
以下少し込み入った話をしますね・・・、
三曲会※(箏・三絃・尺八)のことだ、ご興味が無いお方が多いと思う、が、できれば我慢してお目通しを願いたいなぁ~~、

昨日は、富子の絵画遺作展に、わたしの古くからの尺八仲間(失礼・大先輩と言うべきかな)が来てくださったのです、石田晧山氏です、

氏から一昨日の全日14日に「明日奥さんの遺作展に行くぞォ~~」と連絡を頂戴した、
オォ~、久しぶりにお会い出きる!!!
で、昨日は心を踊らせて氏をお迎えしたのだった、

氏は神戸市三曲界(※)の重鎮でしてね、宮城道雄(「春の海」作曲者)の流れのなかで、神戸での三曲会(氏ご自身は尺八をなさる)を精力的に引っ張って来たお方です、
氏の奥様が、宮城道雄の1番弟子の次女(既に物故)でいらして、宮城流の箏・三絃の達人でいらした、氏はすでにご高齢で90近いのだが、未だ足腰大丈夫、お元気そうでワシャ嬉しかった、
氏は、
「もう久しく竹(尺八)に触らんようになっとる、が…ムニャムニャ」などと話された、
わたしは、氏がお越しなったら、わたしの無茶苦茶吹きを、お聴きいただこうと実は待ち構えていたのです、

「お願いがあります、わたしは未だに尺八吹いていますが、極端な我流に走っていて滅茶くくちゃ吹きを標榜しています、お会いできたこの機会に、わたしの今をお聴きいただいて、“ひと言お叱り”を頂戴したいがお願いできませんか・・・」
・・と、わたしは、氏に首を垂れた、

で、美術館を出て、すぐ近くの神社境内に入って、ソコでわたしの滅茶苦茶吹きをお聴かせした、
ワシャ、とても驚いた・・・、
氏は、1曲聴くごとに、
「カクカクの気持ちがよく表れている、オモロイ!!」と、言うた、
氏は、わたしが曲に込めた曲想を、真正面からまっすぐ言い当られた!!!
わたしは、氏は「ナンジャソレ!!!」と、呆れ顔をなさるであろうと思っていたのだった、もし、そうおっしゃたら、ワシャ、議論を吹っかける腹つもりだった、
が、そうじゃなかった、わたしの曲に込めた心の動きを、ドンピシャリ言い当ててスッゴク透き通ったお顔でニヤニヤしとられた・・・

わしゃ、完全に氏に1本取られた気がした・・・
あぁ~~、氏は、氏の外ズラ(顔)は、実に肩ぐるしい公務員で、音楽ナンゾとは無縁の月給生活して来たお方なのですぜ、
が、心の奥は・・・わっからんものですなぁ~~~
が、ワシャ、見事に、氏にやっつけられてしもうた・・・・

思った、
ヨッシャ、わしゃ、もっと、滅茶苦茶吹きしまくってみよう、と、・・・

« 1割負担酒について | トップページ | またいで歩け »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1割負担酒について | トップページ | またいで歩け »