« 「オーラ・リー」ただし、波平流 | トップページ | 絵のことなんか、ワッシャ、ワッカラン!!!! »

2021年4月 6日 (火)

毛祝い

わたしの妻の絵画遺作展を今開催しているってことなのですが・・・、
“へぇ~、あいつのカミさんって絵描きやったんか!!”
って感じで、オモロがって覗いてくれる知人らが結構ありましてね、
ありがたいような、なんだか恥ずかしいような・・・

が、皆さん、以前の感じと違ってすっかり老いておられる、
名乗ってもらわんと誰だったかわっからん、コレって誠に具合が悪いのだよなぁ~~、
“ご入館の際は必ずマスクをお付けください”
でしょう・・・、
ダレや、あんた???


今日は火曜日でしたね、ウイークデーだ、
山奥の辺鄙な交通の便の悪い片田舎のチッタヤな名ばかりの美術館に、お出かけくださる皆様方、
感謝、感謝・・・、
そんな価値ある絵画展でもあるまいに・・・

余程皆様ヒマヒマなのだと思う、
とにかくご来場いただく方々は、ご高齢のお方が断然多い、付き添い無しのご老人達、付き添いが必要になると、ココまで出かけるのはチョイ難儀でしょうよ、

1階・2階と、ホボ全館使った展示会ですわ、杖をつく状態だと、二階への急な階段が心配だ、で、エスカレーター、エレベーターへご案内します・・、
そんな設備ナンゾ無い!!!
が、オトイレはある、

館内は賑やかですよ、と、言うか、にぎやかな感じです、
だって、人物画が多いから・・・、
結構話し易そうなネェチャン等が画かれているので・・

今日は開館とホボ同時に、昔の仲間らがオモロがって連れ添って覗き見しにやって来てくれる、みなさん俳句を楽しむ仲間らでしてね、わたしもヒョットしたら・・、否!! わたしはダラダラ文は書けても、俳句はダメだ、
彼らは、俳句の目玉で展示画を観ることになる、俳句メガネ掛けて絵を観る、と、どんな俳句が生まれるのだろう???
後刻、生まれた俳句の内で良さそうなのを館内に展示させてもらおうかなって思っとりますがね・・・ただし、館の御許可がおりればの話ですよ、

あぁ~“毛祝”って言葉があるのをご存じですか???
辞典では、 猟師が狩猟のあとに山の神をまつること、と、ある、
絵画展で、ハッと、ナニカを感じて、この感興を⇒俳句に捕らえ、秀句が得られたら、そりゃ“毛祝い”ものかもね・・・
どんな句が生まれるのだろう・・・楽しみです、


« 「オーラ・リー」ただし、波平流 | トップページ | 絵のことなんか、ワッシャ、ワッカラン!!!! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「オーラ・リー」ただし、波平流 | トップページ | 絵のことなんか、ワッシャ、ワッカラン!!!! »