« クタバレ、コロナ!!! | トップページ | ガンジス川へ »

2021年4月13日 (火)

ウン、かみさんも、なかなか頑張って描いている

今朝早くは雨音がした、今は止んでいるみたい・・・
ひと雨ごとに庭が畑が雑草だらけになる・・・
が、と、同時に、梅の実の粒が大きくなる、サクランボの実が大きくなる・・・
世間は動き、社会はウネリ、和解し、あるいは争い、あるいはハシャギ、あるには憎み合って殺し合いしたりする・・・
ワシャ、関係ない、
今日も午前10時からは亡き妻の絵画・遺作展会場に詰めて今日の1日を過ごすつもりだ・・・

会期は5月9日(日)まで、正直言うて、最後まで、ワシャ体調崩さず会場・三木市立堀光美術館に詰め通うことができるかどうかワッカラン・・・
既に8日間会場に詰めていて、推定3百名を越えるお方をお迎えしたのだが、わたしよりご高齢のお方は10名も居られない、せいぜい5名、否、もっと少ないような気がする・・
と、同時に、中高生も極端に少ないなぁ~、3名足らずかな・・・

逆もあって、2度目3度目の来館者が、コレってどういうことだろう、ダンダン増えて来た・・、この現象は予想だにしていないことだった・・・

そしてもう一つ、わたし自身が、皆さんの視線にさらされて、皆さんからの問いかけに触発されて、ヒョットしたら成長してきたかもよ・・・

皆さんの絵をご覧になる目のなかに、今までわたしには見えていなかったコトがあるような気がして・・
わたしは、展示中の絵を見直す自分が居るのに気が付いてきた・・・
そして、ナンカ見つけ得たような気がしたりしているのだよな・・
いやまったく、どうしたことだろう・・・

絵ってのは、実にシャベクリですな、
絵は、世間を見据えて、絵の前に立つ者に、無遠慮に話しかける、この現象は、ヒョットしたら“命の動き”とでも言い得る現象に近いかもよ・・
絵から語り掛けられて、絵の前に立ち止まるお方がある、まさにこの現象がソコにある、
少し離れた後ろから絵に観入るお方の様子をうかがっていますとね、わかりますよ、
血が昇ってお顔が赤らんだりするお方がある、
観終えてご体感なさる時、と、ご入館なさった際とは明らかに表情が別になっている・・・

ご来館者に、三木市内で“ギャラリー湯の山みち”という歴史資料館を自力で立ち上げ管理なさっているお方が居られる、すでに御高齢で90を超えたご老人だが、このお方が、絵をご覧になって御退館なさる際、少し赤らんだ感極まったお顔でわたしに会釈なさってくださった、わたし、この時は思わず氏のお身体を手で支えて、絵を観てやってくださったお礼を申し上げた、と、同時に、わたしはこの時、氏にオノレの未熟を叱責されたような気がした・・・
わたしも、妻の絵を、まっすぐ観てやろうか・・と、この時、フト思ったのです、

生意気言うようですが、わたしは、妻・富子の絵を、それほど高くは評価していません、
だって、迷い迷いながら描く妻の姿を長年見てきて・・幾度となく、もう描くのはやめたらどうか、と、言うていたのです・・・

この絵の“ドコを描く際に”富子は躓き苦しんでいたか・・、わたしは知っとるのです、
だって、その部位を描くだけで、如何ほどの枚数のデッサンを書き散らし、千切り破いてはまた描き描きしていたか、傍で観ていたからなぁ~~~、
わたしは、その部位を曲がりなりにも仕上げて→絵に仕上げえて、で、展示された絵になっとるのを観て、その部分は、そっと見過ごしてやりたい自分が居るのに気付いている、
が、この種のアレコレは、もう忘れてやろう、と、思う自分になりつつあるってこと・・

ウン、かみさんも、なかなか頑張って描いている、
ってことに、しておきましょうかねぇ~~~

« クタバレ、コロナ!!! | トップページ | ガンジス川へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クタバレ、コロナ!!! | トップページ | ガンジス川へ »