« ゴロリ寝転んで | トップページ | 備忘録レベルに »

2021年5月11日 (火)

気楽なもうろくヅヅイ

明日は兵庫県香美町・柴山港沖へ魚釣りの出る予定になっとるのだが、明日の沖は昼過ぎから少し波が出るような気がする、大丈夫だろうか???

現地・船頭に確かめてみようと思うが、今(午前6時半)は沖で忙しくしているに違いない時刻だ、9時過ぎまで待って、スマホTELしてみようと思う、
気になるなぁ~~~、


さて、今日は、富子の絵画遺作展の作品を堀光美術館から撤収する日だ、大型車に満杯の荷、

全てをわが家の二階アトリエへ運び込み保管する予定だったが、全作品をオークラ輸送機(株)本社・社屋へ納めることになった、以後、ココが「絵」の活動起点になる、
わが家の2回に閉塞蟄居を避け、「絵」に生きた活動起点を与える、

昨日は、オークラ輸送機(株)社長と久しぶりに談笑することが出来た、
遺作展に出品した「絵」すべてを氏に託すに何ら不安はない、と、確信した、
“氏”だなんて・・・
実は、“氏”とはもう50年ほども前からの付き合いでしてね、わたしは氏を“バグどん”と呼び、氏はわたしを波平さんと呼ぶ仲ですわ、わたしの方がだいぶ年上なのです、
魚釣り仲間です、プレジャーボートで沖へ出ての魚釣りだ、互いの腕前も承知した仲で、まっすぐ話し合える海の仲間、

海での付き合いってのは、常時危険と隣りあう仲になる、小型ボートで外洋へ飛び出し魚釣りをするので危険度は極めて高い、大声になるし、単純な真っ直ぐな会話になる、昨日もコレだった、本社・社長室で談笑したのだが、いつの間にか大声になっとった、

今日は、彼は、本社社屋玄関で「絵」を出迎えてくれるようだ、
総数40点を超えている、大きな絵は縦2メートル、横巾1メートル半、
展示場所を得て「絵」が顔を表すのは7月になってからではあるまいか、

美術館での展示とは、少し違った形での展示になると思う、
実社会での“「絵」の使い方”、“「絵」の生かし方”の追求だ、
「絵」は生きている、語らせてみようじゃないですか、
ナニを語り掛けるのだろう・・・

とにかく、わしゃ、少し肩の荷が下りた、
以後は、気楽な耄碌ズズイになるだけ・・・


« ゴロリ寝転んで | トップページ | 備忘録レベルに »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゴロリ寝転んで | トップページ | 備忘録レベルに »