« 「水に流して」「MORE」 | トップページ | 「梅雨の朝」6月16日 »

2021年6月15日 (火)

「北の宿から」「喫茶店の片隅で」

つい先ほどは、ゲェ国の“愛”の世界を少し覗き見したのだった、
で、今回は、筝・三絃の世界から→少し今風になった頃の、我が国の演歌・歌謡曲の世界の“恋”の覗き見してみたい、
たまたま、小林亞聖氏の訃報を聞いたところである、献笛のつもりで氏の作曲になる「北の宿から」を吹いてみよう、と、もう一曲、明るい感じの恋歌もと思う、「喫茶店の片隅で」を取り上げてみる、
余談だが、ワシャ来月で81になる、尺八も吹き続けると集中力が続かなくなっている・・・

「北の宿から」


「喫茶店の片隅で」

« 「水に流して」「MORE」 | トップページ | 「梅雨の朝」6月16日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「水に流して」「MORE」 | トップページ | 「梅雨の朝」6月16日 »