« 遺影写真が笑っている | トップページ | 「梅雨明けの歌」 »

2021年7月19日 (月)

冷めた気分

大相撲、白鴎が全勝優勝、
相撲はもう完全な格闘技、国技なんかじゃない!!!
で、その頂点が白鴎、
日本人力士はなぜ彼に勝てないのだろう???

日本人・力士は、無意識のうちに、ある種の“礼儀”の縛りの中に在るような気がする、
立ち合いと同時に、相手の顔を平手打するのは失礼だって思う感覚、
ましてや相手は横綱だよ、横綱に、いきなり張り手を放ったり、肘鉄くらわすなんて、許されない、卑怯だ、失礼だ、と、思う縛りのなか・・・

まず張り手・肘鉄戦から、立ち合いも、土俵際まで下がって仕切り、ゆっくり立って、張り手・肘鉄戦、もう、大相撲なんかじゃないよね・・・
白鴎の相撲はワシャ不愉快だ!!!

白鴎が土俵際まで下がって仕切った時、なぜ、行司は彼を叱りつけなかったのだろう???
「ふざけるな!!!」って、一喝すべきじゃなかったのか!!!
白鴎が不満げなそぶりを見せたら、試合放棄とみなして、土俵を下がらせたらエエ、
なすすべももなかった行司・・・
コンナ行司は不要だ!!!

NHKは、大相撲の中継は止めるべきだ、ワシャ視聴料を払っとる、白鴎の相撲ナンゾ観たくもない、
と、以上は、耄碌ヅヅイのボヤキ節でした・・・


ウヌ!!!
オリンピック???
可哀そうな選手たち・・・、
中継放送するアナウンサー、落ち着いて、ユックリ、やさしく、語ってください、
無理やり興奮気味を取り繕たりするのはヤメテね、聴き苦しいよ、
だって、TV視聴者は、もう冷めた気分で観とるのだから・・・

« 遺影写真が笑っている | トップページ | 「梅雨明けの歌」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 遺影写真が笑っている | トップページ | 「梅雨明けの歌」 »