« 「時の流れ(その2)」 | トップページ | 「つぶやき音頭」 »

2021年8月21日 (土)

ヤモメ・ズズイをバカにするな!!!

ネット・ニュースをパソコンで見ていたら、独り暮らしの男性がコロナ陽性と確認され保健所が入院を勧めたが、「ペットの猫の預け先が無く入院したくない」と言うて入院に応じなかったらしい、
が、その後、この男性と連絡が取れなくなり、死亡が確認された、と、ある、

この話、まさにわたしのことだ、と、思った、
2年前の春のことだった、カミさんが亡くなってアレコレ・イロイロなことが重なって、体調を狂わし、掛かりつけ医を受診したら、ら、急性肺炎だと診断され、その場から病院へ緊急入院の措置が取られ、入院したのだった、

が、わが家には愛犬・春子を残していて、コレが心配で、あるお方に電話で事情を話して、
「・・玄関のカギはドコソニ置いています、ワンを庭に出してやってくださいな、三田の妹が預かってくれることになって迎えに来てくれますが、ソレまで庭に出しておいてやりたいのです、家の中ではオシッコなどしない習慣なので・・」と☎したのだった、
実に、仰天!!! ホント、ビックリしました、冷たく断られたのです、
親しくお付き合いさせていただいていたお家だったので、まさか、こんな冷たい返事を返されるとは思ってもみなかった、
が、妻が亡くなり、わたしだけの独り住まいになって、この屋は、わが身に難儀が被さらないように構えられたようだった、ナント、世話は一切お断りの宣言だった!!!

冒頭の猫ですが、飼い主の男性が死亡していたなら、猫は食事も摂れていなかったはずだ、今、猫はどうしているのだろう~~、ニュースはナニも報じていない・・・

あぁ~~、三田に住む妹からは、今度兄貴が入院しても、アタシはもう春子は預かれないよ、と、言われている、旦那の世話が大変になっている、車の運転免許は既に返上してしまっとる・・・
ってことは・・・わたしは、上述男性と同じ道を歩むことになろうかと思う、

それにしても・・・
高齢ズズイの独り暮らしって・・・、
外から観ると、難儀・難儀の、お荷物なのですよね、
わが家は2階建ての戸建て住居なのですがね、外面だけでもキチンとしておこうと思っていて、毎日、二階も1階も、部屋の雨戸は毎朝・毎晩、全て開け閉めしますです、
庭の手入れも欠かさない、上述のお家の世話なんぞになったりするものか!!!
あぁ~、もしも、もしもですよ・・・
もし、このご家庭にナニカのことがあって、お手伝いや、援助が必要になったら、ワシャ、率先して手を差し伸べますよ、アッタリマエのことだ!!!
ヤモメ・ズズイをバカにするな!!!

« 「時の流れ(その2)」 | トップページ | 「つぶやき音頭」 »

コメント

春子ちゃんのことはとても心配です、、
いざって言った時のプランDくらいのご相談、乗れるかもしれません。
認定老犬介護士の渡辺由布子でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「時の流れ(その2)」 | トップページ | 「つぶやき音頭」 »