« さびしい⤵⤵⤵ | トップページ | 秋深まる »

2021年9月26日 (日)

昔は昔、今は今、・・・追加「凪海哀歌」

瀬戸内海に浮かび長年魚釣りを楽しんできた経験から言うと、台風が南方洋上に生まれ、日本列島へ向かい始めた際は、進路予測の台風の外輪が北緯30度線に掛かると、もう洋上へ釣りに出たりしたらダメ、
ってことは、外輪が北緯30度線に掛かる前なら、気圧配置状況は通常時よりむしろ予測しやすく、播磨灘のような閉鎖海域では波穏やかな魚釣り日和である公算が大だってこと、

だが、わたしのこの読みは、数十年来の単なる釣り好きの欲張り予測ですのでね、決して本気にしてはダメ、

わたしが本気で播磨灘にプレジャーボートの魚釣りを楽しんでいたのは、既に5年ほども前までのこと、
つい最近は、隠居ヤモメの生活にも慣れてきて、またぞろ、釣り友・ユリタロウに連れられて沖へ出て魚釣りする機会が増えてきたのだが、わたしのこの天気読みの感が実に観妙に昔とは違っていて、不思議と当たらない、なんでやろ???
で、わたし、最近は天候を本気で読もうとするのを止めた、
エエカゲンな気持ちで天候を読もうとするのは大変危険だ、
特に岸辺から数十キロも沖へ出ての魚釣りの場合は・・・、

南方洋上で、発生した台風16号は未だ北緯15度のサイパン島・グアム島の東方洋上に居るようだ、
が、2日後の28日午後には台風外輪は北緯30度線に掛かってくるのではないかと予想されている、
ってことは、27日、そして28日の午前中までなら、おそらく瀬戸内海・播磨灘は、嵐の前の静けさで、海はベタ~と凪いでいる、と、以前のわたしなら読んだに違いない、
おそらく、誰もが台風来襲を恐れて魚釣りに出るのを控えている海だ、魚釣りの絶好ポイントはガラ空き状態、
不思議ですよ、魚たちも、台風来襲の気配を感じていて、来襲前の荒食い状態になっとって、よく釣れるのです、
と、わたし、長年、こんな魚釣りをしとったのだった・・・、

この当時は、カミさんもまだ元気だった、で、ワシャ、勇んで魚釣りに出た、
わたしの帰宅が遅れますとね、彼女は、
「あぁ~、ダンダン風が出て来た、まだパパは海に居るのだろうか??、今度こそ本当にダメかも・・」
と、又々、「はまちどり艇」遭難を覚悟し、葬儀の段取りをしたのだった・・・
わしゃ、愛妻に、幾度この葬儀段取りをさせてきたことか、・・を、想うのですよね・・・
台風来襲直前の海は面白いのです、で、いつもより帰宅が遅くなる、葬儀段取りは本気度を増す・・・

先ほど、未だ夜明け前の深夜、午前3時過ぎですがね、愛犬・春子と約40分ほど自宅周辺を散歩してきました、
わたし、体調が、もう魚釣りモードになっとって、散歩するには早すぎる時間帯だったが・・・
あぁ~
台風が攻めて来たこんな日は、昔は、ハッスルして海へ向かったのだった、
この習性がフイにわたしを駆り立てて、の、早朝散歩だ、
散歩に付き合わせた春子ですが、愛妻のような目でわたしを観る、彼女は、いつもと違った早足でわたしを引っ張る、
どうなっとるのや??? エエかいな??? なんかヤバイですなぁ~~~、

昔は昔、今は今、静かな朝だ!!!

(久しぶりに作譜追加)
「凪海哀歌」


・・・ブログ書き終えたら、尺八をチョイ吹きしたくなった、仏間の妻の遺影前が尺八の稽古場ですわ、ココで吹いたら、ブログが⇒作譜に化けて出たみたい・・・

« さびしい⤵⤵⤵ | トップページ | 秋深まる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« さびしい⤵⤵⤵ | トップページ | 秋深まる »