« 最上川の“川下り” その2 | トップページ | 気を使うな・・・ »

2021年9月10日 (金)

港へ向かって

深夜1時起床、いつも愛犬・春子(シーズー犬)と一緒に寝ているのだが、不意に顔を舐め繰りまわされて目が覚めた、キットわたしの様子が変なので彼女はわたしを舐め繰り回したのだと思う、夢見ていたのは覚えている、今起きてトイレにたったりしたら、もうどんな夢だったか判らなくなった、が、うなされていたのを彼女は心配してくれたのだと思う・・・

昨日夕刻に釣り友・ユリタロウからスマホ連絡があり、「明日出ましょう!!!」とのこと、
このところ彼は急ぎの仕事があったようで、しばらくの間は魚釣りは無理だろうとおもっちたが、どうやら一段落がついたらしい、
「了解、万事準備は出来ている、OK、出ましょう!!」と返事、
先の日曜(9月5日)に釣りに出たのだった、以来5日しか経っていない、
こういうのは理想的なのだ、海の様子が身体に染み込んでいて、馴染んでいて、すんなりと海に馴染み魚と向き合える、

携帯電話で事前連絡を取り合っているが、なぜはわたしのスマホは受信時の着信音が鳴らない、着信音設定の仕方は承知しているつもりだが、なぜか着信音が鳴らなくて往生する、近所の後家美人(バァサンと言うのも変だし、80近い女性を美人呼ばわりも変なのだが・・)が、スマホを達者にお使いなので、スマホの調整をお願いしたら、ナント彼女のスマホも鳴らなくてなっていてお困りだった、
で、わが家の斜め真向かいの調剤薬局の若夫婦に泣きついてスマホの着信音設定所落ちをお願いしたらホンの2.3分で治してくださった、いやマッタク、若い人には勝てない、

世の中に、“着信音”ほど大切なものは無いのですよね、
何事かあって、“ソレを感じ取るチカラ”があるかどうか、コレが勝負を決めるのだ、
魚釣りだってそうですよ、釣り糸を垂らし、魚が餌に食いつくと、釣り糸を通して釣竿の最先端がソレを感じ取り、かすかに動く、コレを釣り人は“魚信”とか、“アタリがあった”とか言うて、この瞬間をとらえて竿を煽り釣り揚げます、

あぁ~、今日もフグ釣りに出るのだが、フグは非常に賢い魚でしてね、釣り針を忍ばせた餌だけを非常に静かに食いちぎるのです、針にナンノ衝撃も与えず餌だけを上手に食いちぎる、
が、そこはコチラだって半端な釣り人ではない、釣りバカの突き当りだ、
フグの習性は研究し尽くしている、わたしは、今日は、今までとは違った最新式の工夫を施した釣り糸仕掛けを用意している、グフがエサに触った瞬間をとらえる工夫を考案していて、コレで、わしゃ釣り上げてやろうと思っとる、

あぁ~、コレから、即ラーメン食って、港へ向かって走り出ます、
只今、午前4時、わが家から艇係留の桟橋まで軽四で約40分、途中で昼食用のパンを買ったりするのでこの時間になる、

« 最上川の“川下り” その2 | トップページ | 気を使うな・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最上川の“川下り” その2 | トップページ | 気を使うな・・・ »