« 港へ向かって | トップページ | フグは泳いでいる 「フグ釣り哀歌」 »

2021年9月11日 (土)

気を使うな・・・

アァ~よく寝た、8時間の熟睡、いつもは長くて6時間、大概は5時間チョイの睡眠、

昨日はユリタロウと二人で愛艇・「はまちどり」を駆って播磨灘・鹿の瀬へ出て魚釣りを楽しんだのだった、
鹿の瀬は浅いところは水深2メートル足らずだが、少し移動し瀬際の水深25.6メートルのところで釣る、アンカーをブッ込んで艇を固定した状態で釣る、

30センチ程度のショウサイ・フグを釣るのだが、昨日も結構釣れた、
まぐれにビックリの予定外の魚が掛かったりする、
が、フグ釣り仕掛けでは取り込めない、で、大物釣り用の釣り竿を別に用意していてコレで大物を釣る、前々回に釣行の際は、大きなハモや、獰猛なフカが釣れた、フカは船べりまで引き寄せたが、ここまでで断念し釣り糸を切って放ったのだった、

昨日は、この大物釣り仕掛に大物用のサビキ仕掛けを付けていたら30センチほどの鯖(サバ)がドカッと何匹も同時に針に掛かった、サバが艇内で跳ねまくり大騒ぎだった、あっという間に20ほども釣って竿を収めた、
この後、頃合いを観て、また、この仕掛けを垂らし込んだら、ホボ同寸の鰺(アジ)が釣れた、が、鯖が主だ、竿を収めた、

本命のショウサイフグは、昨日は小型が多かった、釣っては放ち、釣っては放ちの繰り返し、

早朝未だ明けきらに5時前に海へ走り出て、艇から上がったのが午後5時ころ、実に12時間もの沖釣りである、
あぁ~、艇は既にユリタロウに譲渡しているのだが、全長24Ftの船外機艇(140Hp)、
艇は彼に譲渡して以来ビックリの変貌を遂げていて、他艇とは比較にならぬ高性能な艇に変貌している、無線・レーダー・魚探など等、各種装備は当然の事、航海機器も自動操船装置を完備し、ほぼ自動航行可能、アレコレ電動化されて魚が掛かるとホボ自動的に釣り上げ得る状態だ、
艇内は完璧に掃除されピッカピカ、
わたしと、彼とは、まるで正反対の気性なのだよね、わしゃ、無茶苦茶流のヅヅイだぜ・・・
なぜ、この気性真逆の若者とヅヅイが、数十年にわたる交友が続いているのだろう???
彼は二十歳年下だ、もう若者とは言い得ないよな、
最近、彼はわたしをヨボヨボ・ズズイを観る目で見る、コレって失礼だぞ!!! 
嬉しくもあるが・・・

あぁ~、わたしは艇から上がると、もうクッタクタ、
自宅へたどり着くが精いっぱいだ、釣果を持ち帰ってどうこうするナンゾはもうデッタイ無理、
で、いつも手ぶらで帰宅する、

が、今日あたり、夕食前頃、ユリタロウは奥様手料理のフグ料理を運んでくるよ・・・
時折、海へ連れて出てくれるだけで、充分だ、気を使うな・・・とは、言うている、
が、ヤッパ、超嬉しい、


« 港へ向かって | トップページ | フグは泳いでいる 「フグ釣り哀歌」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 港へ向かって | トップページ | フグは泳いでいる 「フグ釣り哀歌」 »