« 春子に留守番 | トップページ | お抹茶哀歌 »

2021年9月30日 (木)

昨日の海は静かで活性が無かった

昨日の釣行はショウサイフグ6尾と小鯖だけ⤵⤵⤵だった・・・
勇んで出たのだが、気持ちだけが空回り、

不意に、何もしないのに、愛用の釣竿がポキッ!!と、折れた・・・、
この釣り竿、今まで大切に、大切にしていた竿で、もう20年以上使い続けてきた特上品、とても高額な特上品、わたしの宝物、ほんと、ナニもしないのに、それが不意にポキッと折れた、
ヒョットしたら、わたしの寿命の終わりに成り代わってくれたのかも・・・

わたしの仰天ぶりに、同行のユリタロウがビックリし、
「もうその竿はもう捨てるしかないですよね・・」と、シラケ顔、
「イヤ、修理して、折れたのを治す!!!」と、わたし、

しばらくして・・・
ユリタロウが言うた・・・
「波平さんが治してもダメ!!! わたしが修理してみましょう・・」
彼に修理を託しましたがね・・、
主人がコロナでダウンする身代わりに釣竿が折れ、それをユリが治し修理してみよう、と、言うてくれて、ワシャ、彼に託して手ぶらで帰宅・・・こんなヅヅイに誰がした⤵⤵⤵

帰宅後、又、畑の土手に降りて、栗の木にとりつき、採り残した栗の実採にひと汗かいた、これが最後の収穫・・・
採取後、少し実の保養措置をほどこし既に採取してある実と合わせ、いつもお世話になっとる向きに今日中に少しづつお届けしようと思う、
実の生る木は、後は、渋柿の木が1本と、キューイの木が1本ある、イチジクの木もあるが無精者だ、葉っぱだけ大きな顔で実がさっぱりダメ、
今年は、柿の実も不作年なのだそうな、不思議とわが家の渋柿の木も実が極端に少ない、ダメだ、昨年の10分1以下、否、百分1程度かな、どうしようもない・・・、キューイもダメだな、ひとつ採って食ってみたが、ダメだった、

さて本命の魚釣りの釣果だが、妙に、海に活性(?)が無く、魚魚に元気がなかった、
前回は海面にナブラ(小魚がブリなど大型魚に襲われ、海面表層に追い上げられてシブキを上げる状態)を見つけ、そこへ艇で急行し、落とし込み技法(魚釣り用語)で、小魚を追い上げる大型魚(ブリ)を釣ったのだっった、
が、昨日は、海は静かで活性が無かった・・・
鹿の瀬では今年も又、大規模な海苔網敷設作業が進められていて、コレって自然を壊す類の人間社会の我儘かと思う、
妙にサバ河豚が増えて来たようだ、コイツには降参だ、釣り上げるのはショウサイフグだけ、海・播磨灘が壊れて来たって感じがする、タコも居なくなったし、愛用釣竿は折れたし・・・

« 春子に留守番 | トップページ | お抹茶哀歌 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春子に留守番 | トップページ | お抹茶哀歌 »