« 伽耶院境内での野外演奏、歳なのかなぁ~~~ | トップページ | 議員諸氏の真似 »

2021年11月15日 (月)

人生とは

今日は午前中に稲美町(兵庫県加古郡)の坂井君を訪ねようと思う、
令和4年刊行の第81号印南野文華誌(文芸と郷土研究の雑誌)掲載の原稿を持参するつもりだ、

今年、コノ冊子は発刊40周年記念号を出している、毎年2回発刊し現在に至った優れた郷土文華誌である、

稲美町(兵庫県加古郡)はわが家の三木市の南に隣接した豊かな農村で、古くからの文化が生きた形でシッカリ根付いているところ、
冒頭の坂井君とわたしは、古くからの友人で、なんと、彼の親父と、わたしの親父とも、友人関係であった、父らはアチラ住まいになってもう久しいが・・・
その彼・坂井君は、上述の“印南野文華誌”の中心人物で代表でしてね、コレが縁でわたしもココへ投稿しとるのです、いつから投稿し続けるようになったのだろう、もう忘れてしもうた・・・、ナニセ延々と投稿させてもらって今に至っている、

で、今日は、次号・81号用の原稿を持参するつもりだが、ワザワザ出掛けるにはもうひとつ理由があって、
実は、原稿中に、わたしが作曲した曲の楽譜を加えたのですわ、
が、彼は、確か楽譜には縁がないオッサンだ、で、出掛けて、彼にこの曲を聴いてもらいたいわけだ、聴いてから、原稿採用可否を判断してもらいた、
で、尺八を持参して彼の前で吹いてみようと思っとる、

「人生とは」です、コレだ、
ダラダラした、しょうもない曲だけれど、わたし思うのですよね、わたしの人生には似つかわしいよなって・・・、
とにかく、わたしの人生はこんな感じだってことですわ・・・
あぁ~、五線譜掲載はめんどくさいから省略です、が、原稿には載せたいのだよなぁ~、

なお、冊子は購入可能で1冊千円です、宣伝じゃない、誤解しないでくださいね、


« 伽耶院境内での野外演奏、歳なのかなぁ~~~ | トップページ | 議員諸氏の真似 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 伽耶院境内での野外演奏、歳なのかなぁ~~~ | トップページ | 議員諸氏の真似 »