« 「無題2」 | トップページ | やる気が出て来たぞ!!! »

2021年12月 1日 (水)

「日向木挽唄」(ひゅうがこびきうた)

地区老人会の忘年会で民謡を謡うことになった民謡大好きなお方から、尺八伴奏をしてくれと頼まれました、
後・先・考えず、お引き受けしました、
「日向木挽唄」(ひゅうがこびきうた)の伴奏依頼でした、

わたし、未だ民謡伴奏の経験ありません、
引き受けるなんて無茶苦茶だ!!!

民謡の伴奏は、「竹物」で対応セナならん、
民謡は謡うお方によって、それぞれ、個性豊かに、素朴に、情調豊かに、謡うのですよね、
昔、民謡だけが庶民の歌だった頃は、楽譜なんぞ無かったのだった、皆が好き勝手に自分の唄として唄っていた、この奏法を、「竹物」と言うらしい、
コレが民謡のホントの歌い方です!!!

ってことは・・・
唄う人ごとに楽譜が違うわけだ、なら、伴奏も同調して変化自在に歌に合わせなならんでしょう!!!
唄う声を聴いて、瞬時に盛り上げ伴奏する、コレが求められる、
わたしに、デケルかな???

民謡世界には、この他に、アレコレこの世界特有の約束事がありましてね、わたし、大まかなことは承知しているが、実際に、本番で向きあったことは未だ皆無、
わたしに、デケルかな???

今日、午前10時に初顔合わせです、
「日向木挽唄」って、なんやそれ???

« 「無題2」 | トップページ | やる気が出て来たぞ!!! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「無題2」 | トップページ | やる気が出て来たぞ!!! »