« 朝湯で昼寝??? | トップページ | そんなセコイ根性では »

2021年11月 8日 (月)

フグはヤバイ!!!

今、大阪湾は横瀬(下に位置地図)でサバ河豚(ふぐ)が異常発生していて、釣り人らは難儀している状態です、狙いは太刀魚なのだが、太刀魚釣りの釣り糸がサバ河豚に噛み切られて釣り師にとっては非常に難儀なことになっとる、
難儀はさておいて、サバ河豚は釣り人らは無毒のフグだと思っとるのですよね、で、釣り人の中には持ち帰って食う人も出ると思う、コレがヤバイ、超ヤバイ!!!

白サバ河豚と、黒サバ河豚が居る、どちらも無毒って、知識の上ではそうなっとる、ホンマかいな??? 無毒ってことになると、安心してどの部位も仰山食ってしまう、と、潜んでいたテトロドトキシンが顔を出し、たちまち、食った人はオダブツになるよ、デッタイ無毒だなんてこの異常発生のサバ河豚の異常ブリから判断すると、“ほんまに無毒か??”って想うのだがどうなのだろう????

実は、わたし、ココではなく、明石海峡を西へ超えた播磨灘の鹿の瀬ポイントでショウサイフグ釣りしていて、先日、大きな白サバ河豚が混じって釣れました、このポイントでサバフグ釣ったのは長年釣りをしているが初めての経験だった、無毒のフグだと知ってはいたが、ヤバイと思って、持ち帰らなかった、
サバ河豚のテトロドトキシンは青酸カリの約1000倍の毒だ、未だに無毒化する薬剤は皆無、やられたと思ったら、もうお終い、オッソロシイ毒だ、
わたしが釣るショウサイフグは、初手から有毒のフグですわ、が、フグのどの部位がどの程度有毒なのかは判っている、釣れたら沖で有毒部位をすべて切り捨ててしまいます、身にもかすかに毒があるので食べ過ぎるとダメ、危険だ、魚体のどの部分にどの程度の毒があるのか研究していましてね、延々何十年も向き合っていますがね、少しでもヤバイかも、と・・思ったら、手を付けません、

大丈夫かなぁ~~、サバ河豚は無毒だって釣り人らは信じていますよ・・・、
もし、当たったらどうしますか???
アレ??? 少し変だ!!!と、食べてから思った時には、既に、御臨終の最終段階ですぜ・・、フグ毒はメッチャ強い毒ですわ、煮ても焼いてもフグ毒は平気です、解毒剤は無い!!
気になるのですよねぇ~~~、犠牲者が出なければよろしいが・・・

サバ河豚は大きいなのが釣れますわ、あまり味は良くないらしいが、ソレはトラフグに比べてってことでしょうよ、あぁ~トラフグは市中に出回っているのは大半が養殖魚だ、養殖魚は毒が少ないような話がある、コレって、未だ信用しきれないが天然物より多少は弱毒かも、

わたしが釣る播磨灘でも、奇跡的にトラフグが釣れることがある、超嬉しい、
トラフグはわたしが釣るショウサイフグより安全度は高い魚です、有毒部位がシッカリ分かっている、でも、わたしは慣れた海域でショウサイフグだけしか釣りません、シッカリ有毒部位をサバキ捨てて充分に注意して、食う際も、少しだけだ、味見する程度、

実はフグについてブログでこのように語るのは今回が初めてです、
今までは、危険な魚なので、話題に取り上げるのはできるだけ避けていた、が、今年のサバ河豚の異常発生で、コレ、無毒サバだと思って食うととんでもないことになるので、あえてフグの話をした次第です、
釣れたフグを安易にサバ河豚だって思い込むこと、コレが十分にあり得る、超ヤバイです!!!


« 朝湯で昼寝??? | トップページ | そんなセコイ根性では »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝湯で昼寝??? | トップページ | そんなセコイ根性では »