« 「夜の雨」 | トップページ | 「富子」 »

2021年12月 8日 (水)

「哀悼歌」

二日後が、我が愛妻の丸3年目の命日、どうにもやり切れぬ思いがこみ上げてきて、またまた、尺八を手にした、 正真正銘の一気吹きだ、 ⇒気持ちが高ぶって吹いたトッサの一気吹きを ⇒吹き終えて紙に書き殴り ⇒ソレ見て吹き直した際に・録音したのを ⇒ココにそのままアップしている、 正真正銘の無茶苦茶だ、お許しを・・・

あぁ~~
今日は、彼女の里へ出掛けて、で、とんぼ返りしようと思い立ったのだった、が・・・
こんな偏った気持で高速道路を1時間も走ることになる、と、事故を起こすかも・・、
で、気持ちを抑えて、出かけるのは断念した、

数日前から、喪中につき云々・・の、賀状ご無礼のハガキが届きはじめている・・・
わたしは既にもう何年も前から、賀状は1通も発していない・・・
届いた喪中連絡ハガキは、宛先不明で戻ってくるかも・・の、なかで、発せられたものであろうかと思う・・・

« 「夜の雨」 | トップページ | 「富子」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「夜の雨」 | トップページ | 「富子」 »