« 会話 | トップページ | 2食生活 »

2022年5月19日 (木)

忘却とは忘れ去ることなり


「君の名は」


“忘却とは忘れ去ることなり、忘れ得ずして忘却を誓う心の悲しさよ”

コレ、昔、「君の名は」というNHKラジヲ・ドラマの冒頭で流れていた言葉ですわ・・・
戦争で、若い二人は、別れざるを得なくなる・・・
当時は、このような若い二人が多かった、

ウクライナの惨状を想うにつけ、不意に、この曲を思い出しましてね、尺八を1尺8寸菅から→手作りの1尺7寸に持ち替えて吹いてみました、

“手作りの”の意味は・・・
わたしの古典本曲(明暗流・對山派)の師匠が、地元に流れる川の(加古川の)土手の真竹を採取し、造り上げた尺八だってこと、
これを、“お前にコレを進呈しよう”と、お与えくださった1菅だのだった、もう昔の話です、

調子が不ぞろいで、鳴りも悪かった、
が、わたし、少しづつ、手を使えましてね、コレを1尺7寸菅として使っているってこと、
が、が・・・
1尺7寸は51,5㎝なのだが、この竹は54,4㎝ある、
で、正規の音程じゃ吹けません、
音程が少し変だとお気付きのお方が居られるかも、で、以上のこと、少し補足しました、

« 会話 | トップページ | 2食生活 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 会話 | トップページ | 2食生活 »