« 聖なる(?)仕事 | トップページ | ロシアは、意外と、歴史認識が薄い国柄かも »

2022年5月10日 (火)

「ある女の詞」

今日はヤタラ忙しいや!!!
サクランボの実が、未だ仰山残っている、採取しきれないのだ・・・、
と、もうひとつ、クリの木もあるのだが、コレが今のうちに木の真下や、周辺を奇麗に雑草など取っておかねば、もうどうにもならなくなる・・・
実にコレ大変な作業ですわ・・・

さらに、意外にエエ天気なので、洗濯物と、布団の日干し等々で、セッセ・セッセと、家事労働、
と、食事用の食べ物買い出しに、ドッテンシャ(自転車)で少し遠くのスーパーに出掛けたりしていた、

ようやく少し時間が出来たので、この曲(美空ひばりの「ある女の詞」)を吹いてみた、
吹きながら思った、これ、なかなか歌うにも難しそうな曲ですぜ、
美空ひばりだから唄い切れているのだと思ったなぁ~~、カラオケ向きじゃないな、難しすぎる、

コレですわ、
「ある女の詞」


« 聖なる(?)仕事 | トップページ | ロシアは、意外と、歴史認識が薄い国柄かも »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 聖なる(?)仕事 | トップページ | ロシアは、意外と、歴史認識が薄い国柄かも »