« 「哀しき戦」 | トップページ | 「恋の花」 »

2022年5月17日 (火)

こんな日々

母は友達を作るのが上手だった、が、父は極めて下手だった、
二人とも自尊心が強く、老いて後も息子夫婦の世話になるのを良しとせず、自分ら二人だけで暮らしていたのだった、

が、が・・・
先の阪神淡路大震災発生(27年間の1月17日午前5時46分)の際、ご近所の人ら皆さんは、激しい揺れに仰天し家の外へ飛び出したのだが、父・母は、家に籠り、以後、夜が明けても、昼前になっても、玄関施錠のまま姿を見せなかった、

ヒョットしたら、家の中で二人とも亡くなったのかも・・と、ご近所の方々が集まって相談なさっておられるところへ、息子のわたしが様子見に駆け付けたのだった・・・
鍵を開け、家の中へ入ってみたら、なんと、父も母も、未だ床でスヤスヤ寝ていた、
二人は大きな地震が起きたことも知らなかった、
不思議そうな、ボンヤリした目でわたしを見ただけ、

二人を起こして、外へ連れて出て、外の皆さんへ、わたしはペコペコ頭下げてお詫びをしたのだった・・・

もう、父母二人を放置できるはずもなく、
以後は、わが屋(わたし息子宅)に住まわせることになった・・・

思えば、今、わたしは、往時の父母の年齢に達し、越えている、既に妻を亡くし、わたしだけの独り住まいだ、
ご近所の眼が気になる・・・
庭が雑草ボウボウなら、ご近所のみなさんはどう思われるだろう、と、この他アレコレが気になる、
とにかく大丈夫だ、の、外見を保つべく、庭掃除などアレコレに気を使う、
毎日、シッカリ雨戸を開け閉めしている、
ココに、未だ、生きていますよ、の、外見保持、
これって、今のわたしには、大きな仕事だ、
老いたなぁ~~、と、思うこの頃ではある・・・

冷凍宅配食を日に2食摂る、の、生活設定をしている、毎食、家庭用冷蔵庫からコレを取り出し、レンジで温め溶かしさえすれば食える、
最近は、野菜フレーク食を摂ることが多くなった、袋から出せは、そのまま食うことができる、

最近では、わが家の柿の木の葉っぱを50枚採って、1枚ずつ丁寧に天プラにしたら、コレが誠に珍味で最高だった、
ご近所へもお届けしたが、けっこうオモシロがって受けてくださった、
こんな日々が続いている・・・

« 「哀しき戦」 | トップページ | 「恋の花」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「哀しき戦」 | トップページ | 「恋の花」 »