« 「弔問歌」 | トップページ | 雨が唄っとる »

2022年7月13日 (水)

澄んだ眼玉

安倍元総理がお亡くなりになり、日本中が震撼し、世界中から氏のご逝去を惜しむ声が沸き起こった・・・

お亡くなりになって、その大きさが、偉大さが一気に浮かび上がり、多くの者らが今更ながら命の尊さに気付いた、

あの残忍な、無謀な殺戮を仕掛けているロシアのプーチン氏の弔辞はいったいナンなのだろう・・・
こんな弔辞を届ける者が、なぜ、ウクライナで殺戮を擦り返すのだろう???

政治の世界って、考えの、想いの、違うものを蹴落とす世界、抹殺しあう世界、
我が想いコソが正しく、我が想いに従う者コソがまっとうな人間だとする世界、
平和ってなんだ???
戦争ってなんだ???

わしゃ、82歳にもなって、ワッカランことだらけ・・・、
ただ、下手尺八吹いて、空腹癒しのエサ食って、子も無く、ただ一人漠然と生きる老人だ・・・

が・・・
こんなわたしを信じ切る者が居る、
愛犬・春子、
春子の眼程澄んだ眼でわたしを観る者は他には居ない、
コレがあって、わしゃ、生き得ているのかな???
と、思ったりしとる・・・

老い来たり 犬と二人の 夏の暁(なつのあかつき)   波平


暁(あかつき)???
アッハッハ・・・
今、なんと深夜1時過ぎなのです、
昨夜は酒呑みすぎて、未だ外は明るい7時前にゴロリ床に就いたのだった、・・・
ら、零時前に横に寝ている春子に顔を舐められて起きてしまった・・・

« 「弔問歌」 | トップページ | 雨が唄っとる »

コメント

ワンコは偉大!です。
春子ちゃんとはもう長くご一緒のようですが、春子ちゃんはおいくつですか?

6歳です、
愛妻が癌で体調を崩し、画業に専念出来なくなり、寂しくならざるを得なくって、わたしがペットショップから買ってきました、
愛妻は、自分の余命を想って、春子(ワンの名)を自分になつかせるのを避けたい気持ちがあり、コレを観るのが、わたしにはホント辛かった、
愛妻の末期を、わたしと春子はどうしていたのだったのだろう・・・
気が付いたら、春子とわたしの二人になっていた・・・

あぁ~、愛妻は、本格的な日本画の画家でした、
求められ手放した絵はすべて元気に生きているだろうか???
未だ手元に在る仕上がった絵は、某氏(絵に理解深い私の友人が)完璧に管理・活用してくれている、で、絵はシッカリ生き得ています、
残るは愛犬春子とわたし波平、
二人でヨタヨタしながらの日々であります・・・

我が家に昔いたワンコも、長く一緒に暮らしていると人間の思ってることを読み取ろうとしている表情をすることがあり、きっと春子ちゃんもそうなのではないかなぁ、と思ったりしました。
奥様の絵画展、お伺い出来なかったのが残念です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「弔問歌」 | トップページ | 雨が唄っとる »