« 澄んだ眼玉 | トップページ | 酒食らって寝るダケ・・・ »

2022年7月14日 (木)

雨が唄っとる

畑の大改修が完成した、
ここ二か月ほどかけて、わが家の荒れた、使い古した畑を⇒夢のステージに変身させる農作業(?)をしてきたのだった、
コレが、昨日で完工、”夢ステージ”がデケタ!!!

わが家は、戸建て住居団地の最・東北東端に位置し、路1本隔てた位置にわが家の小さな畑がある、
コレを大改修し、畑を⇒夢の遊び場、に、大変身させたってこと、

わたしは、ココを、団地内に住まう孤立した孤独な後期高齢の息抜き場にしようとしている、
「閉じ凝ってばかりはダメ、頑張ってココまで出て来いや・・」
と、呼びかけ、一緒に唄い遊んでみようってこと・・・

広さは約30坪、大きな渋柿の木があり、後背は四合谷川を経てコンモリした自然林、

自然林をバックに野外演奏を行い・・・
団地内のスッコミ老人らに呼び掛けて、遊ぶのだ・・・

あぁ~、楽器野外演奏デケルお方の力も借りたいと想っとるよ・・・

バカ丸出しの、後期高齢者の遊び場探し、ココに極まる、
今日からスタート!!!
が、実際の活動は、いつ頃からになるかワッカラン・・・
少しずつ、少しずつ・・・

相棒・船頭ドンもわたし波平も、もうしばらく、この世のズズイであるつもり・・・
ヤタラ急ぐ話でもない・・・


 おのおの方 チョイ顔出しな 夏時雨  波平

あぁ~、今朝は早くから雨が唄っとる、雨も生き物、コレ間違いない!!!

« 澄んだ眼玉 | トップページ | 酒食らって寝るダケ・・・ »

コメント

とみさん、とみさん、警察沙汰になる前に、この暴走パッパを止めてください。ご近所迷惑だから止めなさいと、いくら私が言っても聞き入れません。世の中には平穏な日々を送りたい人も居ますよね。パッパの夢ステージは、必ず誰かの迷惑ステージになりますよ。それが原因で、パッパがとんでもないトラブルに巻き込まれる可能性もありますよね。とみさんがそんな計画に同意する訳がないですよね?
天の声:「何やってんの、そんな馬鹿なことしたらダメヨ!」
夢ステージ計画は、「断念」してください。

大丈夫!大丈夫!毎日毎日、大音量でロックを演奏するわけではないし、一度、音色をお聞かせいただきましたが程よいBGMのような感じで心地よかったです。苦情なんてありえないですよ。昼間は周りの皆様もお仕事でほとんどの方はいませんし、問題ないかと・・是非是非、成功させていただきたいです。仕事でステージを拝見することが難しいかもですが陰ながら応援しています~頑張ってください~(^^♪

ユリは、仕事柄、提案者の出願者の足を引っ張るのが仕事だ、この仕事上の立ち位置はとても大切で世の中のケジメを守るトリデ(砦)だ、

が、世の中には、又、別の路があり、コレをひと口で言うと“夢の世界”、

夢があって、夢に逃げ得て、人は命を繋ぐのだ、
ココを、真っすぐ観る歳に、夢を受け入れて、夢を観る目を育てる歳になっってきたかもよ、
欠点探しは、ホントはニノ次なのだよ、

アッハッハ!!!
本音を少し漏らそうか・・・
畑を観ると、トミが畑に立って居るような気がしてね、悩ましくてならんのだ・・・、
で、一気に、畑を⇒野外演奏会場に変身させたってことでもある、

男って、弱い、弱い、生き物だ、
ユリは、実は奥さんやお嬢さんらに囲まれて、しわ合わせすぎる人生を歩んどるのだぜ、
ご家族を大切にするがよろしいよ!!!

大いに宜しいかと思います 逼塞した現況を打破すべく立上がられたのはお見事です!!!
波平亭の提灯ぶらさげて 煙突印の前掛けをして 尺八からげて 盆踊りなんてサイコー!!!
だけどね コロナ第7波の三木震源地がここだと云われないように気をつけて下さい   

大厳ドンへ


コレからの世界は、常にコロナなどのバケモノと共存の世界にならざるを得ない、

第7波・8波・9波・・・
コロナ・コロナ・コロナ・・・
どこまで続きますかねぇ~~~

老人福祉施設は頑なに玄関を閉じて、ヤバイ外界から隔離した世界であろうとしている、
コレ、ホントですよ!!!

で、老人らは、ギリギリまで自宅でガンバル、
墓場もどきの隔離された施設へは送られたくない!!!

結果、自宅にしがみついて、孤独な生活を続けることになる・・・
これ、実に、わたしのことでもありましてね、
で、チョイ、自宅から出て、畑で、尺八吹いて気晴らししようかってことですわ、
マスク外して・・・、外の空気吸って・・・

貴兄、豪邸にすっこんでばかりいないで、田舎の自然な畑の道を歩きましょうや、

今回用意した、わが家の畑での「むつみ野外ライブ」は、ごく近隣(東自由が丘1丁目)内に住まう自宅閉じこもり老人の遊び場提供のつもりだ、
月に1・2度だけでも、“出て来いや”の、声掛けのつもり・・・
わたしのチカラではコレが限界、

久しぶりに外へ歩み出る老人を、受け入れ、いっしょに歌おうってのは、実に、難儀な問題なのだぜ、

やっってこられた老人らを、息を吹き返したような笑顔で自宅へお帰りいただく、
コレって、とんでもない仕事にならざるを得ないのだぜ、
相棒とわたしの二人だけでは、デケルことじゃない!!!
地区内の、ほぼ総力を挙げての、協力が無ければ不可能だ、
この環境作りこそが、真の真のネライ、

わしゃ幸せだ、地区内老人会に呼びかけたら、皆さんが応じてくださって、地区内老人会主催の場造りとなってきた・・・
下手な尺八だけれど、吹きまくってやろうかと・・・
コレで疲れてヘタッテ、あの世へ行けたら、コレはコレでエエことにしようかと・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 澄んだ眼玉 | トップページ | 酒食らって寝るダケ・・・ »