« 「エーゲ海の真珠」 | トップページ | 交流の場 »

2022年9月14日 (水)

秋の彼岸が近づいている

わが家の小さな畑を潰し⇒散歩老人の休憩所、に、造り変えたのだった、

更にココで、時折、簡単な野外演奏を実施し、
周辺の自宅スッコミ老人に、
⇒演奏聴きに出ておいでよ!!!」
と、呼びかけたのだった、

わしゃ、内心、周辺住民から、大反対されるかもと、思っていた、
が、逆だった、皆さん大賛成だった!!!

明日午後4時から、またココで、小さな小さな野外演奏会を実施するつもりだ、
周辺にお住いのお方で“ハーモニカ”が吹ける老人が居られて、氏の奥さんが唄う形で数曲演奏なさる、
コレだけでは寂しいので、
「三木の風」(相棒・船頭ドンとわたし波平)が童謡唱歌を少し演奏のつもり、

が、急に、時折散歩に出歩かれるお歳・84歳の爺さんから、“俺も一曲歌う”と声がかかり、
この爺さん「命くれない」に挑戦なさることになった、
わたし・波平が尺八伴奏だ、

相棒・船頭ドンか、場・全体を取り仕切ることになる、
彼は万能爺さんで、愉しい場づくり大得意のヤモメ・ジジイ、

会場は畑跡地の一角、
椅子の用意はわずかしかない・・、散歩中のチョイ休みの場での演奏あそび・・・

思うのです・・・
かつては新興団地で若い生気溢れる団地だった、
が、今は、ヨボヨボ爺さん・ばぁさん、それも連れ合いを亡くし、独り住まいの者らが多い・・・

人は、老いても、歌を唄うことができる!!!
唄って、雑談し、笑い合うことができる!!!

“秋の彼岸“が近づいている、

« 「エーゲ海の真珠」 | トップページ | 交流の場 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「エーゲ海の真珠」 | トップページ | 交流の場 »