« ヒョットしたら既にあの世 | トップページ | 汚すぎる心 »

2022年9月 1日 (木)

女性には超弱い

「カモメのなく音に ふと目を覚まし あれが蝦夷地の山かいな」 


コレ、江差追分の本唄部分の歌詞ですがね・・
たったのコレだけの歌詞を2分50秒で歌い上げるのです、


昨今の尺八吹きには、民謡伴奏は難儀・難儀、形が有るような無いようなアレコレがあって、言うても現代人の尺八奏者には、なかなか吹きこなせない、

の、なかで、来る11月の去る広域老人会の合同文化祭で、わが地区から、「三木の風」(相棒とわたし)が、民謡歌い手の去る女性(バァサン)と、「江差追分」演奏で参加することになった、


彼女は、初めて三人で稽古を始めるに先立ち、こうおっしゃった・・・
「わたしは、音楽のことがわかりません、楽譜が読めません、観ているのはコレです・・・」と、紙に描いた荒描き絵図を広げてお見せになった、筆で描いた横流れの墨絵だった、コレが楽譜だってこと、

更に彼女は言葉を継いで、
「わたしは、伴奏してもらっても、コレ観るのが精いっぱいで、まったく伴奏を聴くこと出来ていません、どうかよろしくお願いします」と・・・

信じられますか????
ナンカ、けったいでしょう???


今にして、わたし分りました・・・
彼女は、民謡の伴奏はアナタたちには無理ですよ、と、おしゃっていたのだなって・・・
で、あたしは勝手に唄いますからよろしく、って,ごあいさつだったわけだ、

これ以降、既に四回ほど、稽古を重ねていますがね、彼女は、いつも、尺八の伴奏を無視して唄われます、
わたしも段々慣れてきて、無視されても平気になって、形だけの伴奏尺八になっていたのだった、

が、昨日の稽古で、
更に数曲、稽古してみませんかの話になって、
彼女は、あたしこの歌が大好きすで、と、突然“天童よしみ”の「永遠(とこしえ)に輝いて」というのを、素で唄い始められた・・・

実に見事!!! 
シッカリした音程、スバラシイ歌唱力!!!

友人からもらった楽譜で、稽古したとのこと、
大好きな曲です、あたし、コレを唄わせてほしい、と、おしゃった、

なんと、なんと・・・
楽譜がシッカリ読めているお方だった!!!
わしゃビックリした、

実は、
わたし、この曲、知らんかった、
収蔵している楽譜の「本」を、片端から繰ってみたが、この曲の掲載は無い、パソコン検索するも、ヒットしない、で、彼女がご持参の楽譜を提示してくださることになった、


いやまったく、わたしら、ヅヅイ二人、バァサンに振り回されて、このザマだ、
が、結構、三人は気持ちがつながり始めたってことだよね、
彼女は殻を脱ぎ棄てて、ヅヅイ二人に向き合われたってことかもな・・・

それにしても・・・
ヅヅイ二人、尻に敷かれて、キリキリ舞いの図だわさ・・・
彼・相棒も、わたし・波平も、未だに、女性には超弱い、

« ヒョットしたら既にあの世 | トップページ | 汚すぎる心 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヒョットしたら既にあの世 | トップページ | 汚すぎる心 »