« 夢に漂う  この世フネ(舟) | トップページ | ヒマヒマも »

2022年11月10日 (木)

「月よりの使者」

昨夜はナニやカヤで疲れて、お月様観るつもりで時間待ちに、横になったら、そのまま寝込んでしまった、
世紀のお月様の大舞台だったのに・・・

お月様の曲はイロイロあるよね、
なかで、オモロイのを探し、コレに決めて吹いてみた、
歌詞は4番まであるのだが、1番だけ吹いてみた、
尺八は、吹くほどに、音程が整ってくる、ワシャ、まだまだ下手だからなぁ~~、出だし付近で聞きぐるしいところが仰山ある、
が、コンナのを気にしていたら、ナニも吹けませんわ・・・

「月よりの使者」
  白樺ゆれる 高原に
  りんどう咲いて 恋を知る
  男の胸の 切なさを
  啼け啼け山鳩 幾声も

« 夢に漂う  この世フネ(舟) | トップページ | ヒマヒマも »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夢に漂う  この世フネ(舟) | トップページ | ヒマヒマも »