« 「日暮れの散歩」  | トップページ

2024年7月 7日 (日)

ご挨拶が遅れました、

ごめんなさい、
ご挨拶が遅れました、

わたし、実はボケがひどくなってきて・・・
文章書くのが億劫に、難儀になってしまいました、
で、もうブログ投稿は控えようと思います、
ボケ頭に浮かぶアレコレを⇒そのまま書き散らしたら、変なことになるじゃないですか、

久しくお付き合いいただいて、ありがとうございました♡♡♡

« 「日暮れの散歩」  | トップページ

コメント

べつにブログをやめるほどおかしな文章ではないと思いますけどね。むしろやめたあとの波平さんのほうが心配。ブログを書くくらい、ボケ防止に効果的なものはないんじゃないですか。

ごめんなさい、
もうこの決心をしています、

波平さん、ぶろぐ止めるんですか?波平さんのぶろぐ、ユーモアがあっておもしろいのでたのしみにして見ています。止めないで~。ぼつぼつでもいいので、続けてほしいです。

YKさん、

貴兄は“介護”云々にお詳しい、
お許しください、わたし、もう疲れてしもうた・・・
で、これからは、ひたすら“ユックリ中心”に過ごしますわ・・・

 尺八つながりで、広島の河童爺さんと波平さんにはブログを通じ、人生の先達、先輩としてきておりました。貴兄には様々な情報を教えて戴いております。認知症は完治しませんが、社会との交流を活発にすることで進行を遅らせることができます。中止するのでなくボチボチとやって下さい!!

ヤマボウシさん

わたしは、カッパさんの直弟子のつもりなのですよ!!!

氏も生前は、ヒョットしたらこのおつもりで、わたしと接してくださっていたような気がしています、
氏は極めて優れた卓見の持ちぬしでした、氏からイロイロ教わりました、

氏はご研究のホボ全てをわたしに開陳なさり、わたしはコレをお受けし、今に至っています、
が、わたしの脳力では氏の域に届きません、コレが残念、

明かしますが、
ワタシは一度も氏にお目にかかったことが無いのです、
お出会い機会を幾度請うても、お許しが出ませんでした、
必要ないとお考えだった・・・、
氏がお亡くなりなった直後、奥様からのお電話で、やっと、わたしは氏とお出会い出来たと、思ったのでした・・・

ヤマボウシさん、
貴兄と、こんな話ができで嬉しいです、
ありがとうございます、

やはり私と似たお方がおられた。
もうだいぶ昔になってしまうが坂田梁山からR山氏へそこから河童氏のブログへそして最後は「ここ」
先日河童の娘さんからのコメントを読みいろいろ思い出してしまいました。私も河童氏とはお会いしたことありません。が、データーたくさん持ってます。で、今、氏の力強い演奏による福田蘭堂の「深山ひぐらし」、またがらりと変わった歌付きの「河童劇場」聞きながらコメント書いてます。
氏の楽譜にはびっしりと鉛筆による書き込みがあります。演奏と書き込みのある楽譜があれば氏のお人柄はわかります。術後の凄まじい画像も残ってます。

母に5年叔父に5年と介護をしてきたので老いるということがどんなことかは知っています。
介護する側からいうと「要介護1」は欲しくて欲しくてたまらなかった。「要介護3」は無敵だ。家では返事もできず椅子から立ち上がれない母が医師の前でははきはきと返事をし元気に立ち上がるのを見て何度くじけたか。

波平様 こんなにいろんな方が見守って下さっている。
まだしなければならないことが残っているのではありませんか。
私と貴方には10年、私と妻にも10年、長いような短いような10年。10年後の私をあなたに重ねてずーっと追いかけてきました。追いかけています。追いかけていきます。これからも!!!  甚三郎拝

甚三郎様へ

10年の差ですか・・・
この10年は大きいですよ、大切してください!!!!

さて、
最近のわたしは、以下のような日々です、
もう完全に自宅に籠りきりの生活で、今月誕生日を迎えて84歳、
某病院医事係長だった30歳の時、院内で倒れ、大手術を勧められ、わしゃ逃げて“静かな死”を選んだのでした、
が、以来、不思議と生き続け、今に至った、

偽名でエッセイなどを書き続けたり、危険極まる短艇での日本列島大外回り単身周航を成し終えたり等して今があります、
が、が、未だ故意に急ぎ死ぬ気にはなれません、

で、昨日、世話になっとる介護福祉士に更なる援助を願い出たら、二日に1度、それも毎回1時間だけだけど、助っ人を1名、わが家へ派遣していただけることになった、
ワタシのような要請をする老人が多いのだとか、

訪問しくださるのは女性で、都度都度別人になり、毎回数百円の礼金が必要だとか、
オモロイ世界があるものですなぁ~~~
派遣を願い出ておきました・・
が、どんなバァサンが???
不安不安が・・・
まさか仏壇住まいの愛妻が焼き餅を???

あぁ~、河童氏は福田蘭堂がお好きだったですよね、、
福田蘭堂は自身の活動記録を本にして幾冊か書いておられる、わたし大好きで全てに目を通し、本を大切にしていたが、今探すに見当たらない、何処かへさし上げてしもうたみたい・・・、ひょっとした河童氏へだっかかも・・・、

若くて美人のヘルパーさん来てくれましたか?
介護プロの方もおられるので補助頼みます。
私の経験上気づいたことを少し書いてみますので参考にしてもらえれば嬉しいです。
まず、加入している自治会に福祉委員がいます。その上が民生委員です。そこから地域の包括センターへ。
ヘルパーさんが付いたということはここまでは進んでいるのでしょう。
ヘルパーさんには色々助けていただけます。
散歩・買い物・食事の補助・洗濯も含め昔で言うなら「お手伝いさん」と捉えても良いかと、家事全般でかなり助けていただけます。時間が限られますので前もって助けてほしいことを話しておいたり書き出しておくとヘルプするほうもやりやすいです。
まずは一歩踏み出したことにほっとしております。

食事・排泄・入浴・・・…後見人まで先は長いですから   甚三郎拝

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「日暮れの散歩」  | トップページ