2018年10月17日 (水)

「果てしなき愛」

アッハッハ、ダレのことかは内緒、ご想像のままに…
例によって、今朝のいっき吹きです、

| | コメント (0)
|

2018年10月15日 (月)

「夢の向こうに」


Img066
Img067
Img068
変な夢にウナされて目覚めたのだった、
が、起きて、妙に清々しい、深い感慨がナニかは判らんまま湧き出る、
エイヤッ!!!
何も考えずに、譜並べしたら、こんな曲になった、
ナンジャコレ???

ひょっとしたら、どこかの既存の曲からのエエとこ取りになっとるかも、と、思ったりもする、が、自分ではそこらが判らん、
古今東西の叙情歌(唄)をタダで閲覧出る楽譜を見つけ次第、ヒマに任せて、尺八譜へ採取する遊びを延々とやっとったのだった、頭の中がこんがらがって、グチャグチャニなっとる、どなたかに失礼なことになっとたら、お詫びするしかない、ご指摘があったら、即座に削除のつもりだ、

| | コメント (0)
|

2018年10月14日 (日)

「ゴリウォーグのケークウォーク」ただし、ほんの少しだけ

またまた、わたしバカなことをやっとりましてね、
フェイスブックでの友が、ご自分のフェイスブックに、ピアノ曲・「ゴリウォーグのケークウォーク」って曲のことを書いておられた、
ケッタイナ名前の曲だなぁ~と気になって調べたら、オモロそう、
で、無料閲覧可能なこの曲の楽譜を探しまくってみたが、無くて、が、動画で楽譜が映るのが在ったから、苦心惨憺してすこし尺八譜へ採り込みました、
が、なんと、ト音記号・ヘ音記号がマゼコジャになった楽譜でソレも変ホ長調譜、
吹奏可能な音域が狭い尺八で吹けるような曲じゃないですわ、
が、音域は都度都度にオクターブひっくり返して対応し、変ホ長調譜は⇒3度下げてハ長調に移調した後尺八譜へ採取、
30小節ほど採取したら、もう疲れてしまって…降参しました、
が、勉強にはなった、こんなケッタイナ曲もあるのだ、と、わかった、

幼い子供の弾んだ気持ちを曲ったものらしいが、わしゃ子犬の気持ちなら判るが、本物の人間の子供のことはワッカラン、子供が出来なかったからなぁ~
自分が幼かったころの気持ち???
これは時に思い出すこともある、
が、78歳のズズイが思い出すのだから、もう錆びているし、腐ってもいる、純なものとは言い難い、
30小節ほど採取したら、この曲にはどうも大人の欺瞞が潜んでいるような気がしてきて離れたくなった、もう、離れましょう、
ユーチューブで幼い子供が大人ぶってこの曲を弾いているのを観るのは、わたしには苦痛です、可哀そうだって思ってしまう、

なんぼ隠居のヒマつぶしだとは言え、ヤッパ残り少ない人生は有効に使いたいじゃないですか、
有効に、ねぇ~~~、
とか言うて、下手尺八吹いとれば世話ないや

「ゴリウォーグのケークウォーク」ただし、ほんの少しだけ


| | コメント (0)
|

2018年10月13日 (土)

「ダマレ!!ホロホロ鳥」


Img065
ギギギィー、ジィ、ジィ、テテテ…
なんと汚い鳴き声だこと…
ホロホロと情緒深くささやくような鳴き声かと思っとった、
「旅の夜風」の歌詞に“ホロホロ鳥よ♪♪”ってくだりがありますよね、
ソレッテどんな鳴き声だろうとネットで調べたのですわ、
なんと申しましょうか、聴いている間に、なんだかわたしの凹んだ人生みたいだなって思った、
で、この気持ちで1曲作ったら、こんな曲になった、

「旅の夜風」

コレええ曲ですなぁ~~、

| | コメント (0)
|

2018年10月12日 (金)

「干し柿作りの唄」

今朝はフト「タケちゃんマン」ってのがあったな、と、思い出し、テーマ曲を今一度聴いてみたくなった、おもろいですなぁ~~~、バカバカしくてメッチャおもろい、
コレですわ、
尺八でも吹いてみたいと、五線譜楽譜を探すが無料閲覧可能なのは見つからなかった、
残念、

今日は日差しが望めそうですな、
干し柿作りをしよう!!!
大粒な渋柿を50採っている、
内10に焼酎付けて甘柿に変身させようと思う、
残り40を干し柿にする、

皮を剥いて、寸時約4・5秒の間熱湯に浸し、紐で結わえて、軒下に吊るします、
吊るし終えて、今日の1曲を作りに取り掛かった、
事前にナァ~~ンも考えていなかった、
柿の皮を剥く際、皮剥の音がする、
♪♪ヅルヅル♪♪
で、そこから始めたら、このような曲になった、
書き始めから、一気に最後まで書いて、約5分の作曲です、
勝手気ままに書き散らす、音楽になっていなくても構わんのです、
あぁ~、朝起きぬけに「タケちゃんマン」を視聴していた影響かな???


Img063

| | コメント (2)
|

2018年10月11日 (木)

「豊洲」市場の誕生を祝って、

「豊洲」

Img061

今日、豊洲市場が完成し動き始めた、
記念の曲で祝おうと思ったのだった、行進曲風な威勢の良いのがエエと思った、
が、こんな悩み抱えた曲になってしもうた、

IT社会だ、昔ながらの卸売り市場は、今後生きる道を探し続けることになる、
車が大渋滞の様子がTVに映っていた、
が、海側に関連の船は1隻も見られない、
海路の活用が図られるべきかと思う、

難産だったですなぁ~~、
これからのこの市場の生きる道をおもんばかると、こんな曲しか作れんかった、

| | コメント (0)
|

250円のコーヒーが超美味しかった

トランプ氏が25パーセント嫌いになったと言うた米国のシンガーソングライターのテイラー・スウイフトさんの曲を昨日からユーチュー検索で聴きまくっていましてね…
彼女は28歳の超美人だ、身体をくねらせて極めてエッチな歌詞を歌う、今年の曲・End Game(エンド・ゲーム)なんぞは、コレ音楽かな、と、思ってしまう、エクスタシー賛歌の曲か??? が、音楽なのだよねぇ~~、1日でユーチュー再生800万回だそうな、
こんな彼女が、トランプ氏を批判しとるのですよね、で、トランプ氏は25パーセント彼女が嫌いになった、と、言うた、完全に敵に回すとヤバすぎる、ってことかな、

わたし、彼女の曲のドレかを尺八譜に採取して吹いてやろうと思っとるわけだけれど…
もう無理ですわ、彼女の曲はあの美貌とエッチ歌詞が中心だ、後期高齢者が歌うような曲じゃない、少なくとも、老人施設で吹いたって誰も唱和してくれないことデッタイ確実、お釈迦様も苦笑いだと思う、

一昨日ブログアップしたフランスのシャンソン、“シャルル・アズナヴールの曲「愛にために死す」”だけれど、コレはエエ曲だと思う、で、もっと彼の曲を探ってみようと15曲の五線譜楽譜を図書館で見つけてひと思案したけれど…コレも、もう、尺八譜への採取は止めますわ、フランスの国民性満載の曲で歌詞を邦訳したのを読んで曲を味わおうとするのは邪道だと思う、やめた方がエエ、

昨日は知り合いの近くにお住いの音楽爺さんT氏と出会ってしばらく楽しく過ごした、
T氏はわたしよりだいぶ年長のお方でひょっとしたら80半ばを過ぎていらっしゃると思う、往年の神戸ジャズ界のモダンボーイ、どんな楽譜でも初見で見事に弾かれます、ギターが特にお得意、氏のお話はチョットしたことがわたしには凄く参考になり勉強になる、

氏に誘われて、いっしょに音楽喫茶(寂れた商店街に1軒だけ素人の音楽好きが集う店がある、250円でコーヒーを注文する必要がある)へ行きましてね、略1時間楽しんだ、
軽口叩きながら聴いているのだが、大きなアンプでガンガン音を響かせての演奏だ、けっこう大きな声で話しながら聴いていてもデンデン演奏の邪魔にはならん、
わたし、フト気付きました、T氏の身体が動いている、と、
その身体の動きが実にサマになっとる!!!
スウイグしとると言うのかな…、
否、時に間違いがちな素人楽団の演奏だ、氏はこの演奏の微かな間違い(特に拍子)を自分の身体で無意識に修正しながら聴いておられた、
が、辛抱しきれなくなったようで、氏は持参してきた袋からマラカス(手にもって振ると中に入れてある砂などがシャカ・シャカと鳴るリズム取りの楽器)を取り出し演奏にあわせて鳴らし始めた、演奏者の一人が顔を上げて氏を観て、気合を入れなおした、
コレをきっかけに、演奏が冴えはじめたのがわたしにも判った、
この後、わたし、氏に請うて、拍子取りのコツを教えていただいた、
250円のコーヒーが超美味しかった、

| | コメント (0)
|

2018年10月10日 (水)

ご遺族の大きな愛を感じます

わが家は、住所は“自由が丘ウン丁目ウン番地”ですが、丘状の団地の最も低い位置でしてね、以前は蝮(マムシ谷)と呼ばれていたようだ、
住まうようになって40数年経ちますが、向かいは小川を挟んでこんもりした雑木林で、野鳥がやたら多い、キツネやタヌキそして野兎などをたびたび見かけたが、さすがに最近は見かけなくなった、ヘビが庭に大きな顔で座って居たり、雉が庭先で大声で鳴き、肝をつぶしたり…
雑木林と小川の間はすべてタンボだったから、蛙の合唱がすごかったなぁ~、
カラスがいつも雑木林からわが家の様子を観ていましてね、名前を付けたりしていたが、
最近住まいを変えたようだ、カァ~太郎一家はドコへ行ったのだろう、

狭い庭に、果樹をイロイロ植えていましてね、このためか最近は蜘蛛の巣がやたら多い、毎朝、玄関郵便受けに朝刊を取りに出る際は、蜘蛛の巣を払いながら出ます、蜘蛛をやっつけてしまいたいが、ソレがデケン、逆です、苦労して作ったに違いない巣を壊してしまってゴメンねって感じで出来るだけ巣を壊さないよう注意しながら新聞朝刊を取りに出ます、
いつ頃からかわが家は朝刊だけの購読になった、年金生活者ですのでね、

動物園で飼育員が死亡、
が、ホワイトタイガーは死亡した飼育員の遺族の意向で殺処分をせず飼育を続けることになったそうな、
御遺族の大きな心を感じます、こんなご遺族を持つ飼育員さんがお亡くなりになった、惜しいことですなぁ~~、

魚釣りですが…
今の時期は、播磨灘ではフグ釣りシーズンです、
大きなショウサイフグが釣れます、イロイロな種類のフグが釣れますが、トラフグとショウサイフグしか持ち帰らない、
釣ったのは、その場(海)でサバキ、食べても安全な部位だけを持ち帰ります、
〆る際、フグは声を出して泣きます、グゥ・グゥと、
それを手早くサバキますが、1尾当たり3分とかからない、否、1分弱かな…
あっと言う間に、頭も、尻尾も、皮も、内臓も、剥ぎ取り切り捨てて、白い身だけを取り残します、わたし、今までに何尾の命を頂戴してきたのだろう…

ご遺族の大きな愛を感じます、
飼育員氏のご冥福をお祈りしています、

| | コメント (0)
|

2018年10月 9日 (火)

「愛にために死す」「柿の実採り」

「愛にために死す」シャルル・アズナヴール作曲

「柿の実採り」波平のごまかし駄作

アズナヴール作曲の尺八採取譜は何タラ権に抵触の恐れがあるように思うからアップデケン、
わたし・波平の「柿の実採り」は、大丈夫、尺八譜をアップ、五線譜への転換採取はめんどくさいから今回は勘弁していただく、

Img060


| | コメント (0)
|

生きた楽譜にスキルアップ

今年は4月以降沖へ出ていない、が、長年の習性で、釣りキチ感覚が勝手に動く、コレによると、今日からの1週間、海は絶好の釣り日和だと思う、
わたしは、出掛けるつもりはない、
沖釣りは、釣りする以前に海と向き合う気力が必要だ、ココが今カラッポの状態、
今日は、わが家の渋柿を採取し、干し柿にする作業をしようと思う、

さて、音楽の話、
フランス・シャンソン界の巨匠・シャルル・アズナヴールの曲群を、一昨日以降、片端からユーチューブで聴きまくっている、
当初はは違和感をこらえながらだった、わたし、シャンソンは苦手だ、
堪えながら聴き続ける間、次第に落ち着いて聴けるようになって来て、今朝はナント急に親しみを感じて自分でビックリしている、
昨日は三木市立図書館へ出かけ、収蔵図書の中から11曲アズナヴール氏作曲の楽譜を見つけ借り出してきた、ユーチューを聴く際に、この楽譜を見ながら聴くので聴きごたえに大きな差が生じる、(ピアノ伴奏・解説付シャンソン名曲アルバムと、シャンソン・ベスト100の2冊・楽譜に歌詞も付けてある、フランス語の下に和訳がある)、
どれか1曲、尺八で吹き得るのはないか探っている、
アレコレ聴き比べ、偏屈ヅヅイイでも曲趣に添え得るような曲はドレかを探した、
結果、「愛のために死す」を尺八譜へ採り込んでみようと決めた、

採取し始めて…ウヌ!!!
なんか変だ、
もしやと思って、既に採取済の整理ファイルを開き確かめたら、ナァ~ンだ、すでに採取済の曲だった、どうりで親しみが感じられたはずだ、
念のために、収録譜をあらためて点検し直した、シッカリ採取出来ていた、最近はこのような認知症気味物忘れがひどい、落ち込みつつの点検だ、

音楽はすべて楽譜に書き表し得るかというと、大いに疑問がある、と、いうより、不可能だと言うた方がエエ、と、思う、
わたしは、明暗流の虚無僧尺八の末徒だ、古典尺八それも虚無僧尺八にはホント簡略な譜面とも言い難いものがあるだけだ、コレで充分吹く者毎に納得して吹いている、もし、コレを五線譜に採取しようとしても不可能だ、音程が、音と次の音とのつながりが、関係が、五線譜では表現するすべがない、
って、ことは、
五線譜から⇒尺八譜へ採取の際、に、も、言い得ることだ、
既に採取済の「愛のために死す」の尺八譜、今日は、さらに一工夫して生きた楽譜にスキルアップさせてみたい、

| | コメント (0)
|

«「秋空」