« 艇だって | トップページ | 無人島の朝 »

2005年6月11日 (土)

百薬の長

艇は宇久マリーナ、正しくは「平漁港フィッシャリーナのポンツーン(浮き桟橋)にもやっている。昨日宇久島北東2マイルの古志岐島(こしき)の瀬へ釣りにでて、巨大イサギなどなど沢山釣った。が、アンカー揚げに前後進を繰り返す間、ギヤーが滑り、前進も後進も出来なくなった。今は漁港内の鉄工所に修理をお願いし、不安な心地で煮付けた魚のキモ・タマゴ・白子を肴にナンノナニを呑んでいるところ。
今日1 1 時の船便で釣果を宅急便に託したが、煮つけたのはその魚々のもの。艇の度重なる故障。酔っ払ってしのぐつもりである。

|

« 艇だって | トップページ | 無人島の朝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 百薬の長:

« 艇だって | トップページ | 無人島の朝 »