« あわてない | トップページ | せめて写真だけでも »

2007年9月18日 (火)

言い過ぎたかな?

日経朝刊読んでいますが、

安倍首相は、新聞もテレビもあまり見ないで、病室で書類の決裁などしているそうですね。今日の閣議も欠席に決まったと書いてある。

周辺は不測の事態(スイサイド?)が起きないようピリピリじゃないか?スイスのディグニタスってのを思わずにはいられませんね。

安倍氏の気持ちからすると、“周囲のイジメにあった”ってことなのかなぁ~、

トップの孤独って話はよく聞きますが、氏は、二番手なら大活躍したかもネ。三番手なら更に大大活躍し、4番手なら更に更に超大大活躍?

首相やめたら、政界を引退なさるのでしょうか?ほんと隠居した方がエエかも。

隠居して、明暗尺八稽古して、たまには魚釣りしたりして、気力が戻ったら、ブログで、あれこれ愚痴ったりボヤイたりしたらエエじゃないか。きっと流行るよ。

そんなアホナ!ってですか?

そりゃあんまりだ!波平どんに失礼だ!波平どんの日々をボウトクする言い草だ!

ドルゴススレン・ダグワドルジ氏ってダレのことだか知っていますか?

朝青龍氏です。

相撲の「品格」ですけれど、相撲って元々野蛮な殺し合いだったのだよね。競技の多くがそうであったように…。相撲の元祖は野見宿禰(のみのすくね)っていう出雲系のおっさんだけれど、相手をケ殺す名人だった。奈良県桜井市に「穴師坐兵主神社(あなせにいますひょうずじんじゃ)」ってのがあって、全国に分社がありますが、ここが相撲の本家ですわ。相撲神社です。わたしカッパ(河童)に興味があって、カッパもこの神社に関係が深いものだから、興味本位でこの神社を訪ねたことがあります。境内の一角に、ここで野見宿禰が當麻蹶速(たいまのけはや)と初めて天覧相撲を行った場所がある。ここで宿禰は蹶速を蹴殺した。天覧したの景行天皇です。日本武尊命(ヤマトタケルのミコト)のとっつぁんだ。

わたし、朝青龍の相撲を見る都度、この野見宿禰の蹴殺しあう相撲のことを想います。

先日、古代ローマ時代を描いた「スパルタカス」を観たけれど、剣闘士(奴隷)らが競技場へ連れ出されて、貴族らが観劇するなかで実際に殺しあう場面があった。奴隷らが互いに殺しあうのを見物するわけだ。優劣が付いて勝った方が客席を見上げる。…と、貴賓席で見物していた貴族の女が腕を前に突き出し、こぶしを固め、親指を下へ向ける。“殺してしまえ、止めを刺せ”って合図なんだよね。

相撲の中心は、この真剣な倒しあいなのですよね。殺しあう一歩手前のやっつけあいでしょう。観客等は親指を下へ向けないけれど、真剣な倒しあいをみて胸がスカッとするわけだ。朝青龍はそういう場をつくったのだよね。ダラダラした相撲に活を入れたわけだ。

相撲は日本の国技だってのは忘れた方が良くないか?

モンゴル場所を創ったらエエ。以前からわたしはなんでハワイ場所を創らんのか?と、思っておった。関取以上か、三役以上の外人力士ができたら、その国で本場所をやったらエエ。相撲協会ってのは談合協会以外の何者でもないやないか。わたしこんな協会が公認されているっては不思議でかなわんよ。問責すべきはあのふてぶてしい顔したノーテン・パーの親方等でしょうが。

アッハッハ(苦笑い)今日はチョット言い過ぎたかな?? 

|
|

« あわてない | トップページ | せめて写真だけでも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あわてない | トップページ | せめて写真だけでも »