« 瑞福 | トップページ | ヒマか余裕か »

2007年10月26日 (金)

袈裟だけでも

まだ虚無僧の衣装は持っていません。

欲しいような、欲しくもないような、踏ん切り悪い気持ち。

軽んじる気持ちはない。アレを着て平気で街を歩くのも修行になるかも。

でも、今はまだ衣装負けしそうに思う。

「虚無僧 装束」と検索窓に打ち込んでクリック。

ありますね。専門店が。

すべて揃えると、だいぶ値が張るじゃないですか。

ヤメタ!ヤメタ!

でもなぁ~、袈裟だけでも買っておかないと、アカンようでもある。

ヤフオク探したが出ていませんなぁ~、

そらそうだろう、

アレはお棺に入れてしまうでしょう。残らんわな。

|
|

« 瑞福 | トップページ | ヒマか余裕か »

コメント

虚無僧の托鉢は立って尺八を吹くのですよね。
坐奏についてはいろいろと立場や考えもお有りかとは思いますが、立奏で稽古すると、呼吸の具合も良いし、気合も入り易いなど、良いことが有るものです。
時には立って吹く、いかがでしょうか? 疲れますけど…。

投稿: ペリー | 2007年10月27日 (土) 04時32分

ペリーどんは千里眼ですね、
実は、わたし、昨日から立って吹いています。
吹くといっても、単音吹きです。
乙「ロ」を中心に気の済むまでボーボー吹いている。

投稿: 波平 | 2007年10月27日 (土) 06時32分

単音の練習も必要ですが、どのような練習方法でも長所と短所があるものです。
単音練習は、雑な練習になっていも自分では気付き難い。
基本練習だと思って油断していると、迷子になりやすいような気がしています。

例えば、30秒とか60秒とか音を延ばすことを好む人がいます。
達成感があるのでしょうが、実は響きの無い、痩せて縮こまった音を出す癖を付けているに過ぎないという場合がとても多い。

あるいは、大きい音が出れば、それで満足してしまう。これを続けていると、音の質とか音色への注意力が損なわれていきます。
その結果、唇や呼吸が硬直しても気付きにくくなります。
最低音を沢山吹いた直後に最高音を吹くと満足に響かない、最高音の後では最低音が響かないといった、かえって逆の結果を招いてしまいがちなのです。

勿論、単音の稽古は必要です。ただ、自分の欠点を見落とし易い。練習の方法として、難易度が高いということだろうと思うのです。

これを回避する必要が生じた時には、
ロー、ツレー とか、
ツー、ツレーロー とか、
ハツレー といったパタン、何でも良いのですが、適当なパタンをゆっくり、丁寧に吹く稽古を取り混ぜると良いかもしれません。この時、
 1 出来るだけ望ましい音色がでる音から始めて、
  他の音でも、元の良い響きを失わない。
 2 音と音とが途切れずに滑らかにつながる。
といった点に気を付けると、稽古に集中しやすくなるかとも思います。

人の尺八を耳にして一瞬で、ああ良いな、とか、まだまだだな、と思うことはありませんか?
これの違いは、しっかり音と音とがつながっているかどうか、という要素に左右されるかと思います。残響の無い所でも、ちゃんと音がつながって聞こえる。
音がつながると言うことは、気持ちがつながるということで、それだけに人の心に届くのだと思います。たっぷりと響いていて、硬直しない柔軟な音色。
ですから、残響の多いところで吹いて普段より上手くなった気がするなら、まだまだだということにもなるでのしょうか。

さて、先ほど適当なパタンと書きましたが、こちらは本曲です。
曲名もあったと思うのですが、こういうのは音作りにもってこいです。

 乙ロローツレーレー、ツレーウハーハヒーヒー、
 甲ハローツレーレー、ツレーウハーハヒーヒー。

これを、一息づつ稽古する。身体が温まってきたら一曲通す。
さらに、こちらは本曲ではありませんが、

 甲ヒハーウレーツレーレー、レツーロハーローロー、
 ロ乙ハーウレーツレーレー、レツーロローローロー。

と続けても良いかもしれません。まあ、昇ったものは降りても良いかと…。
音作りから曲作りになだれこみたいものです。

他には、息の柔軟性のために、甲チのメリと、甲ツのメリを指を使わないで顎だけで。
全音をしっかり響かせてからくいっと曲げる練習。地無管はここら辺が苦手ですから、一番やりにくい地無管で稽古すると旨みが出てきます。

蛇足ですが、立奏のとき無意味に身体が揺れないようにチェックして下さい。
今日、鏡の中にみっともなく揺れながら尺八と格闘している自分が居たりしたものですから。
以上使えそうなところがあれば適当にアレンジして使って下さいませ。

投稿: ペリー | 2007年10月28日 (日) 17時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 瑞福 | トップページ | ヒマか余裕か »