« 狼の恋 | トップページ | 暇つぶしの処方 »

2007年10月 9日 (火)

金木犀

真夏の暑い盛りは散歩を控えていた。涼しくなって、また自宅周辺を散策するようになった。住宅街は避けて田んぼ道を行く。一昨日は晴れだった。酒米の山田錦の刈入れ最盛期。イネが山田錦かどうかはすぐにわかる。この品種は茎が長く粒が大きい。刈入れ時期になると、田んぼ全体が波打って寝そべって見える。稲穂の重みに茎が耐え切れず少し風が吹くと倒れるし、雨勢が強いと倒れる。農家の人たちは、次の日以降は天気下り坂と読んで、この日(7日)に刈入れを急いだようだった。

3箇所、栗が落ちている箇所がある。少し拾った。この位置に栗が落ちていることは近在の者等は知っていて、既に先行者があった。長靴姿で火箸を手に栗のイガ剥きに精を出していた。わたしはその人等の見落としたのを拾った。

田んぼがまだ水田だった頃から歩いている散歩道だ。水田の、あのオタマジャクシらはどうしたのだろう。田んぼの側溝はコンクリート製だ。既に水は切られている。側溝の会所に雨水が少し溜まっている。小さなカエルが群れていた。小さなカエルはこの側溝から飛び出ることはゼッタイ不可能。側溝の壁はカエルには高すぎる。まだ陽射しは強い。乾いたコンクリートの側溝は熱い。

あれから、昨日も、今日も雨模様。

あのカエルらには慈雨の雨か。だが、腹が減ったカエルども…、

玄関の金木犀が香っている。

|
|

« 狼の恋 | トップページ | 暇つぶしの処方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 狼の恋 | トップページ | 暇つぶしの処方 »